【リウマチのこと】リウマチが進行すると

リウマチのこと

骨や関節、筋組織など身体を支え動かしている器官を運動器官と言います。

運動器官の全身的な炎症によって侵される病気の総称が ”リウマチ性疾患” です。

 

この記事では最近関節が痛み始めた方、リウマチに罹って初期の方へリウマチの進行過程と簡単なセルフケアを紹介します。

 

リウマチとは

リウマチとは

 

 

 

 

 

 

 

骨や関節など身体の運動器官が炎症に侵される病気が ”リウマチ” です。

関節を中心に炎症が続き、骨や筋組織が少しずつ破壊されます。

 

やがては関節に機能障害が発生し、日常生活が大きく制限されるようになります

 

 

リウマチは身体の免疫システムに異常が生じて発症します。

通常、免疫は対何侵入した細菌やウイルスなどを攻撃、排除するのが役割です。

 

 

しかし、この免疫に異常が発生し身体の関節や軟骨を異物と認識して攻撃してしまいます。

 

 

自信の免疫により関節組織が炎症、破壊されてしまう(自己免疫疾患と言います)のです。

それが関節リウマチの症状です。

 

統計的に30~50代の女性が罹りやすい病気です。

 

リウマチが進行すると

リウマチが進行すると

 

 

 

 

 

 

リウマチが進行すると、どのような症状が現れるのでしょうか?

 

リウマチにより炎症をはじめても、いきなり関節が破壊されるわけではありません。

重症度や経過には個人差がいくつかあります。

リウマチの重症度・症状の個人差

・血管の炎症を伴い急速に進行する

・症状は比較的軽いが寛解はせず症状が長期間持続する

・寛解と悪化を繰り返す。周期は個人差による。

・間接の腫れや痛みを発症するが、数年で症状がでなくなる。

・長期スパンで再発と寛解を繰り返す

 

該当する症状はあったでしょうか?

 

 

病状が重症化する場合、病状はどのように進行するのでしょうか。

病気の進行過程(ステージ)は大きく4段階に分かれます。

 

リウマチの進行過程

1.初期

炎症により滑膜の細胞が増殖します。
増殖した細胞は関節のカルシウム分を奪います
したがって延焼している関節部分を骨粗鬆症となります。
まだ軟骨や骨の破壊はない状態です。

2.進行期

増殖した細胞は肉芽を形成し軟骨にとりつきます。
その際、軟骨は破壊されます
結果的に軟骨が減り、骨と骨の間が狭くなります。

3.高度進行期

軟骨が失われたため骨と骨が直接こすれあい、表面が欠けることも。
さらに進行すると関節のかみ合わせがずれたり、脱臼を起こすことがあります。
関節の動きが悪くなるため、周りの筋肉や腱が萎縮し、関節を支えることが難しくなります。
その結果、関節の変形が起こります。

4.末期

骨と骨がくっついてしまい1本の骨の様になり、関節は全く動かせなくなります。
これを ”強直” といいます。
まれに骨が溶けて骨と骨の間が離れぶらぶらと支えることができない状態となります。
これを ”ムチランス変性” といいます。
どちらも関節の機能は全く果たせません

 

 

病気の進行に伴い、身体、日常生活にも影響が出ます。

身体症状の経過

1.ほぼ正常

間接の腫れ、こわばりや痛み、関節の熱など。
通常の日常生活はに障害はなし。

2.軽度障害

腫れ痛みが増す。
日常生活は可能ですが、活動に制限がでてくる。

3.制限

関節がきしむ音がきこえたり、痛みの為に曲げ伸ばしなどの動作が困難になる。
日常生活に解除うが必要な動作がでてくる。

4.不能

痛みは和らいでくる場合が多い
車いすや寝たきりになることもあり、日常生活のことがほとんどできなくなる。

リウマチに罹って初期の方へ、セルフケア

リウマチのセルフケア

 

 

 

 

 

 

生活習慣はリウマチの症状の変化に影響します。

早期から日常生活でケアするのも、症状の改善につながる大切な取り組みです。

 

・ストレスをためない

リウマチは過労やストレスが原因で発症すると言われています。

ストレスをためないことは難しいかもしれませんが、積極的に取り組みたい項目です。

 

・適度な休息と運動

疲労は症状悪化の要因となります。

睡眠を十分に確保したり、こまめな休息をとるのが大切です。

安静にしすぎても筋力が衰え、関節の機能も低下します。

 

症状が関節リウマチの場合は、関節を動かすことで可動域を保つこともできます。

 

・冷えから守る

リウマチの痛みは冷えの影響で悪化することがあります。

 

関節を温めて血流を良くすると炎症を促進する物質や痛みの物質が排除され、痛みが緩和されます。

また、血流を良くすることで身体に酸素や酵素が行き届き、自然治癒力が高まります

 

さいごに

リウマチのこと・まとめ

 

 

 

 

 

 

リウマチ治療の目的は「寛解」であり根本治療ではありません

リウマチは完全に治ることはありません。

 

最近では、リウマチによる間接破壊は発症後の早期かつ急速に進行すると言われています。

 

身体的症状が現れていなくても実際に病状は進んでいる、ということもあります。

そのため、早期に発見し治療する事が重要となります。

 

皆さんも「リウマチかもしれない」と思うことがあれば、かかりつけの病院で検査しましょう。
交流磁気治療器のレンタルなら磁気.comへ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です