放置すると危険? 便秘が引き起こす病気とは

便秘が引き起こす病気

今現在、便秘でお悩みの人はいますか?

一口に便秘と言っても、何日もお通じの無い方から、毎日出るにも関わらず、スッキリしない方や腹痛等の症状がある方も、便秘の症状と言えます。

便秘に対してしっかりと対処されている人もいれば、たかだか便秘と軽視されている人はいないでしょうか。

 

その便秘が原因で
命に関わる病気に罹ってしまうかもしれません…

体に影響が出る前にしっかりと対処し、便秘を予防・改善することが大切です。

 

この記事では、現在便秘の方へ原因とリスク、簡単な改善方法について紹介します。

 

 

そもそも便秘の原因は?

便秘の原因

 

 

 

 

 

 

 

便秘には大きく分けて2つの原因があります。

 

・腸の機能や構造が異常となって引きおこる便秘

・ストレスや自律神経、生活習慣の乱れによって引きおこる便秘
の2つです。

 

もし、何らかの病気を患っていてそれが原因で腸の機能・構造に異常が生じて便秘を誘発しているなら、かかりつけの病院で受診を受け相談しましょう。

 

便秘となる心当たりがない方は、自律神経や生活習慣の乱れが原因の可能性として大きいです。

機能性便秘といい、一般的な便秘です。

 

機能性便秘
ストレス 生活習慣の乱れ
・自律神経の乱れにより腸の動きが鈍くなった場合 ・肉類など食物繊維の少ない食べ物を摂りすぎた場合

・水分の補給不足で便の水分が不足した場合

・運動不足により腸の動きが鈍くなる場合

etc…

便秘の原因一覧に思い当たる理由はあったでしょうか?

 

ストレスが原因の場合、原因を改善することは難しいかもしれませんが、
生活習慣の乱れが原因の改善方法を実行できそうですね。

 

ですが、原因を解決するために取り組んでもなかなか解消されないのが便秘です。

 

便秘によってどんな病気を併発するの?

便秘による病気

 

 

 

 

 

 

 

便秘が慢性化し、併発する病気には命に関わるような病気もあります。

たかが便秘と考えている方は、病気のリスクを知ってもらえればと思います。

 

代表的なものとして、

・大腸がん

・大腸ポリープ

・腸閉塞

・動脈硬化

が挙げられます。

 

・大腸がん

便秘になると、腸に便が長時間残留することになります。

ということは、便に含まれる発ガン性物質と腸粘膜が長時間触れることとなります。

結果的に、発がんのリスクが高まると考えられています。

・大腸ポリープ

便秘により腸に便が長時間残留すると、次第に便が腐敗、発酵します。

すると腸内に悪玉菌が増殖してしまい、腸内刺激へとつながり大腸ポリープを引き起こします。

ポリープはガンの発生原因ともなってしまいます。

・腸閉塞

便が腸内に溜まり、腸が塞がった状態となり腸閉塞を引き起こす可能性があります。

・動脈硬化

私たちは身体の中で、食事により摂取した脂肪を胆汁に変えています。

便が腸内に留まることにより腸が胆汁を吸収しコレステロール値の上昇に繋がります。

コレステロール過多となるため、結果的に動脈硬化を引き起こします。

 

便秘の改善方法は?

便秘の改善方法

 

 

 

 

 

 

 

便秘の原因が持病によるものだった場合は、かかりつけの病院にて相談しましょう。

 

原因が自律神経、生活習慣の乱れだった場合は、

 

・基本的には食事の改善

スタンダードとして、食物繊維や乳酸菌・発酵食品を多く摂取することです。

しかし、中には水に溶けない不溶性の食物繊維(キャベツやレタス)もあり、逆に便を硬くしてしまう可能性もあります。

オススメは乳製品、発酵食品を摂り善玉菌を増やし、腸内環境を整えることです。

食事には工夫が必要ですね。

・ストレスの解消

ストレスは自律神経の乱れに直結します。

自律神経が乱れることにより、腸機能が低下して便秘へつながってしまいます。

ストレスを取り除くというのは難しいかもしれませんが、可能であればぜひ実践してみてください。

・運動不足の解消

運動をすることで、腸機能を改善させることができます。

また、運動はストレス解消や自律神経を整える働きもあります。

手軽にウォーキングなどから実践してみてはどうでしょうか。

 

 

ですが、全て実践しても便秘が改善しない! という方もいると思います。

 

交流磁気で血行改善

そんな方には、

交流磁気で自律神経を整える

という方法がおすすめです。

 

自律神経失調症は、血行不良により体の各部位へ栄養や酸素が行きわたらずに引きおこると考えられています。

交流磁気には血行そのものを改善し、自律神経を整える働きがあります。

また、血行を整える事で内臓へ充分な栄養素を運び、腸の働きを活発にすることも可能です。

 

実際に交流磁気治療器を便秘の治療に取り入れているお医者さんもいらっしゃり、便秘が改善した実績もあるようです。

ぜひ、 “交流磁気治療 便秘” で検索を行ってみてください。

 

交流磁気治療器のレンタルを行っているサイトもあります。

詳しくはコチラからどうぞ。
交流磁気治療器のレンタルなら磁気.comへ!

 

さいごに

便秘についてまとめ

 

 

 

 

 

 

ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。

便秘が原因で誘発してしまう病気についてのリスクをお分かりいただけたでしょうか?

 

たかが便秘と思われていた方は、いまからでも改善に向け取り組みを行って頂きたいです。

食事、運動など簡単に取り組んで改善させることも可能なため、ぜひ日常的に行ってみて下さい。

 

どうしても解消しない! という方は、交流磁気治療にて便秘を改善することも選択肢にはあることを知って頂ければ幸いです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です