【エコノミークラス症候群】旅行に持っておきたい予防グッズ

交流磁気治療器のレンタルなら磁気.comへ!></a></div></p>
<div align= 無料プレゼント

長時間の旅行で気を付けること

旅行とエコノミークラス症候群

皆さん、今週末はついにお待ちかねのゴールデンウィークがやってきます。

旅行や帰省などで長距離のお出かけの予定がある方、準備はもうお済ですか?

 

本年2018年のゴールデンウィークは4月28日から5月6日までの9日間です。

5月1日と2日は平日ですがこの2日をお休みして、大型連休を楽しまれる方もいらっしゃるでしょう。

 

もちろん、そんなにお休みを取れないって方も多いと思いますが、たまのリフレッシュとしていつもの休日よりもちょっと遠くへお出かけするのも良いですよね。

 

ヒカル先生もゴールデンウィークは、ちょっとした小旅行に出かける予定です。

ヒカル先生は旅行先の出来事はもちろん楽しみなのですが、実はそれ以上に楽しみな事があります。

それは、「現地につくまでの道中」です。

 

ヒカル先生は自動車はもちろんのこと、電車や飛行機からの景色を眺めることが好きなんです。

皆さんもこんなヒカル先生の気持ち、わかってくれますよね?

 

でも移動で長時間の乗車になると、あることに気を付けないといけません。

それは何かというと・・・「エコノミークラス症候群」です!

 

せっかくの楽しい旅行なのに、エコノミークラス症候群になっては台無しですから、注意が必要です。

 

それで今回のコラムでは、エコノミークラス症候群の特徴をわかりやすく解説します。

しかも、旅行のお供として持っておきたい予防グッズも紹介しますから、楽しみにしてくださいね。

 

エコノミークラス症候群はどんな時に起こる?

エコノミークラス症候群の起こるタイミング

エコノミークラス症候群は、下記の2つの症状が合わさった状態の呼び名です。

 

「深部静脈血栓症」:脚の静脈に血の塊である血栓ができる。

「肺血栓塞栓症」:血栓が肺の動脈に詰まる。

 

エコノミークラス症候群は、長時間同じ姿勢でいたことで血行が悪くなり、その結果できた血栓が肺に流れ、肺の静脈を詰まらせる病気です。

最悪の場合は死に至ることもあるほど、大変危険な状態でもあるのです。

 

なお、エコノミークラスとは飛行機の狭い座席スペースのことです。

しかし、エコノミークラスだけではなく、ビジネスクラスやファーストクラスでも同じ症状が起きることもあります。

 

また飛行機に限らず、電車や自動車に乗っているときでも起こります。

ですので、最近はエコノミークラス症候群のことを、「旅行者血栓症」と呼ぶようになってきました。

 

どのような条件の時にエコノミークラス症候群を発症しやすいかというと、これはハッキリしています。

 

それは、「乾燥した空間で長時間の座ったままの姿勢」でいるときです。

つまり、エコノミークラス症候群は旅行中の乗車時だけに起こるのではありません。

 

長時間の座りっぱなしのデスクワークでもエコノミークラス症候群が起こる場合もありますし、今流行りの車中泊でも起こることがあります。

 

「エコノミークラス症候群は、旅行しない俺には関係ない!」

とは思わずに、誰にでも起こる身近な病気と考えましょう。

 

エコノミークラス症候群の予防

エコノミークラス症候群の予防方法

「乾燥した空間で長時間の座ったままの姿勢」

このまま水分も取らず身体を動かさないでいると、私達の血液はどのようになっていくと思いますか。

 

そうです。

体内の水分が不足していき、サラサラしていた血液が粘り気のあるドロッとした血液になっていきます。

そして、座ったままでは第2の心臓であるふくらはぎの筋肉も作用せず、血行がドンドン悪くなりますよね。

 

それはもう、血行が悪くなる条件がバッチリ揃っている状態なのです。

しかし予防法としては、この状態を解消する方法を考えれば良いのです。

つまり、「十分な水分補給」「足の運動」で防ぐことができます。

 

エコノミークラス症候群の予防ポイント

・乗車前に多めに水分を取っておく。

・乗車中もこまめに水分を取る。

・定期的に身体を動かしたり、立ち上がる

・座っているときでも足の指やつま先を動かす。

・足をマッサージする。

 

これらの予防ポイントを実施するだけで、エコノミークラス症候群を発症するリスクを低減できます。

どれも簡単なので、この機会にしっかりと覚え、一緒に旅行に行く人達に教えてあげましょう。

 

でも、これだけではちょっと不安・・・という方のために、次の章では旅行中でも邪魔にならない便利な予防グッズを紹介しましょう。

 

エコノミークラス症候群の予防グッズ

エコノミークラス症候群の予防グッズ

<弾性ソックス、弾性ストッキング>

弾性ソックス、弾性ストッキングとは医療用に開発されたものですが、ドラッグストア等で購入できます。

ふくらはぎの深部静脈を適度に圧迫し、血栓が出来にくくなる効果があります。

医療用の弾性ソックス、弾性ストッキングではなくとも、少しきつめのハイソックスでも予防効果があります。

 

<スポーツ飲料>

スポーツ飲料には、マグネシウム・カルシウムといったミネラル成分の他、カリウムイオンやナトリウムイオンといった電解質(イオン)も含まれています。

体液に近い浸透圧のため、吸収が早いことが特徴です。

乗車中はスポーツ飲料を一口ずつこまめに飲むと良いでしょう。

また、最近はイオン飲料とうたった特別なスポーツ飲料も販売されています。

 

<マッサージグッズ>

脚のマッサージと言えば、やっぱり青竹踏みですね。

足の裏には血流を改善するツボがたくさんありますから、古くから健康グッズとして使われる青竹踏みを試してみましょう。

みんなが見ている時にちょっと青竹踏みは恥ずかしい・・・

という方は、フットローラーなどの簡易マッサージグッズで筋肉をコリコリすると良いですね。

なお、100均ショップに行くと無数のグッズが販売されていますが、耐久性や効果を考えるとそれなりの物を用意した方がよいでしょう。

 

まとめ

エコノミークラス症候群のまとめ

いかがでしたか。

ゴールデンウィークには長距離のお出かけをする方が多くなりますので、今回のコラムではエコノミークラス症候群を取り上げてみました。

 

また、お手軽な予防グッズを紹介してみましたが、どれも身近な場所で買えるものです。

ちょっとした買い物ついでに購入して、旅行バッグに入れておくと良いですね。

 

もし今回の旅行で使わなかったとしても、万一の災害用として防災バッグに入れておくと安心です。

 

では今回の最後に、ヒカル先生が旅行に持っていくグッズも紹介しましょう。

「ヒカル先生はいつも電気磁気治療器を持ち歩いている。」

と思われていることでしょうが、さすがに1泊くらいの旅行でしたら、自動車ならともかく電車や飛行機にまでは持ち込みません。

 

こんな場合は磁気を使ったお手軽な健康グッズを持っていきます。

例えばコレです。

磁気グッズ コリンコ

コリンコ(株式会社ソーケンメディカル)

こちらは2個の磁気玉で、身体のこったところを自分でコリコリする簡易マッサージグッズです。

コリンコの長さは10cm弱ですから場所も取りません。

 

磁気玉は、弱い磁力のフェライト磁石、強い磁石のネオジム磁石があります。

磁気玉の組み合わせで3種類の製品がありますが、一番安価なコリンコは税込2052円とお手頃価格です。

 

 

次にコレです。

磁気グッズ 磁気針つむじ風くん

磁気針 つむじ風くん(株式会社ソーケンメディカル)

こちらは知る人ぞ知る一品であり、故・福田稔医師が考案された「自律神経免疫療法」に使われる磁気針「つむじ風くん」です。

ペン型になっており、ペン先とノックする部分に強力なネオジム磁石がくっついています。

 

この磁石で身体のツボを押したり身体をほぐすと、とっても痛気持ち良いのでクセになってしまいます。

価格は税込5400円とそこそこしますが、プロの治療家も使うほどの一品ですから、まぁ仕方ないですね。

 

 

以上、今回はヒカル先生の愛用品の紹介もさせていただきました。

では皆さん、エコノミークラス症候群対策をバッチリ整えて、良い旅を楽しんでください。

交流磁気治療器のレンタルなら磁気.comへ!></a></div></p>
<div align= 無料プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です