【癌と免疫力の関係】免疫力を高めるためには

がんは2人に1人がかかる身近な病気です。

そもそも、なぜ『がん』は出来てしまうのでしょうか。

 

癌を「防ぐ」、「治す」には免疫力がカギになります。
交流磁気治療器のレンタルなら磁気.comへ!

免疫力とは

免疫力とは

免疫力とは、身体が病気や風邪などに抵抗する力のことです。

 

私たちの身体はウイルスなどの外敵や、体内で発生するがん細胞などに日々侵されています。

実は、健康な人でも毎日数千個ものがん細胞が生まれています

しかし、私たちの身体にはその出来たばかりのがん細胞を退治する環境が備わっています。

それが”免疫”の働き、すなわち“免疫力”です。

 

具体的には、血液の成分のひとつである白血球リンパ球の働きことを指します。

白血球やリンパ球は“免疫細胞”と呼ばれます。

 

癌の発生と免疫

がんと免疫力の関係

免疫力が低下していたり、がん細胞が増えると免疫細胞は対処しきれず、生き残ったがんは増加をはじめます。

 

がん細胞は増殖した後、免疫を無力化する「免疫抑制細胞」をがん細胞の周囲に増やします。

「免疫抑制細胞」はその名の通り、免疫がガン細胞を攻撃する力を抑えてしまう細胞です。

すなわち、身体の免疫力を “無力化” してしまうことになります。

免疫力よりがん細胞の力が上回ってしまうと、がんは一気に勢力を拡大する可能性があります。

 

がんに打ち勝つには、免疫力を高めることが重要です。

 

免疫力を高めるには体を温めることが有効といわれています。

免疫力と体温はどのような関係があるのでしょうか。

 

免疫細胞(白血球)は、血液の中に存在します。

血流とともに白血球が身体を巡ることで体内を巡回し、異物から守っています。

しかし、身体の冷えなどで体温が下がると血管が収縮して血行が悪くなります。

すると、体内に異物が侵入しても、すばやく白血球が集まりにくくなり、ウイルスや細菌を撃退することができずに病気を発症してしまいます。

 

免疫力は体温が1℃上がると最大5、6倍アップするといわれており、体温を上げる重要性がよくわかります。

 

免疫力を高める方法

免疫力を高める方法

<体温を上げる>

ご自身の平熱を知っていますか?

健康な人の体温は平均36.5~37.1℃と言われています。

 

通常、人は体温が1℃上がると免疫力は5、6倍アップすると言われています。

体温が上がると血液の流れが良くなります。

その血液の中には免役細胞を持った白血球が存在するので、血流がよくなることで体の中を巡り、異物を素早く駆除できるようになります。

結果、免役力が上がるのです。

 

血流をよくしておくことが、免疫力の向上につながるのです。

 

◆身近な習慣で、体温を上げる方法

・毎日続けられる、適度な運動

体温が低い原因は筋力の低下が原因のひとつにあります。

筋肉は1日動かないだけで0.5%の筋肉が失われます。

筋肉を維持するには、毎日続けられるような、継続的な運動をするのが効果的です。

人間の筋肉の7割は下半身にあるので、ウォーキングなどの「歩く」事が、効率よく筋肉を鍛えることになります。

 

・食生活を見直す

たとえ筋肉を維持・鍛えたりしていても、身体を冷やしてしまう食べ物や栄養が偏ってしまうと、内臓の働きが低下したり血流が悪くなります。

筋肉をつくるたんぱく質を意識的に取ることや、身体をあたためる食材や調理法で身体を冷やすのを防ぎましょう。

ただし、体を冷やす食材が悪いと言うわけではございません。バランスの良い食事を心がけるのが大切です。

 

・入浴で体温アップ

お風呂に入って湯船につかることも有効です。

全身浴は温まるのが早いですが、冷めるのも早いので半身浴がオススメです。

温度は体温より少し高めの37℃~40℃位20分~30分程度が目安です。

お湯があまりぬるくても効果がないので調節しながら行いましょう。

がん治療で温泉に入る(温泉療法)があるように、入浴は体温を上げるのに効果的です。

しかし、栄養バランスを考えての食事作り、毎日継続的に行う運動は時間がない方や面倒な方、また病気治療中で体が思うように動かない方には大変ではないでしょうか。

また中には正しい食事をしていても、いっこうに病気が改善しない方もいます。

理由の一つに正しい食生活をしていても消化器官が悪いと、しっかりとした血液が作られないからです。

 

つまり血液循環が悪いと、食生活を見直しても中々改善されない悩みがでてきます。

 

交流磁気治療と免疫力

磁気治療器と免疫力の関係

他に血流を改善する方法のひとつに、磁気治療があります。

 

磁気治療とは…? 耳馴染みの無い方も多いではないでしょうか。

身近なものだと、磁石が付いている絆創膏タイプのもので肩などに貼りコリを改善する商品があります。

また、医療機関で使用されるMRIは磁気を使った機械です。

 

では、交流磁気治療とは何でしょうか。

交流磁気治療に用いられる磁気は交流磁気といい、N極とS極が交互に入れ替わる磁気です。

交流磁気がシャワーのように体内の血流を流動を刺激して、血流を改善します。

 

すなわち、人体の深部から血行を促進して自然治癒力を高める治療です。

 

この自然治癒力の力が弱いとなかなか病気が治らなかったり、悪化させたりします。

また電気磁気治療の利点は血行を促進する上に副作用がない、ご家庭や職場などでも簡単に安全に使用できるというところです。

寝ながら、またはデスクワークをしながら取り入れられます。

 

がん治療の代替療法としても電気磁気治療は活用されています。

先述したように、電気磁気治療は血流を改善することで、身体の自然治癒力を高めます。

血流が良くなるということは、血管が拡張されるということです。

 

血管の働きをコントロールする役割を担う神経に、自律神経があります。

自律神経には交換神経と副交感神経があり、血管拡張を司るのは副交感神経です。

副交感神経は、修復・休息・リラックスしている時に働く神経であり、血流が促進されると副交感神経が優位にはたらきます。

 

一方、がんの発症、再発や悪化等の原因のひとつである、ストレスで身体・精神的負荷がかかると自律神経が乱れ、交感神経が優位にはたらきます。

血流も収縮し、血行が悪くなります。そうすると免疫力も低下し、活性酸素が増え、細胞ががん化、または増殖する…と言われています。

 

 

つまり、自律神経を整えることは、がん予防、また治療の症状改善の近道になります。

交流磁気治療を施すことで、副交感神経が優位にはたらき、血管が拡張し血流が良くなり身体は温かくなります。

そうすると免疫力が高まり、がん細胞に抵抗する力が高まるといった効果がみられるようになります。

 

また、がんの疼痛治療にも効果があります。

実際、交流磁気治療で慢性的な「痛み」の治療に効果をあげています。

手術がいらず副作用もない痛みの緩和治療は交流磁気治療の利点です。

 

 

交流磁気治療器は臨床試験と実績による信頼性と安全性を基盤に、医療現場での治療やリハビリ、スポーツの現場での選手の疲労回復等、様々な分野で幅広く利用されています。

また、ご家庭でも簡単に使用できます。

 

交流磁気治療器は持続的に長く使用すると効果的と言われています。

病気や体調不良で身体が思うように動かない方だと、継続的に治療に通うのも一苦労です。ご家庭で横になりながら治療ができるとなると時間的、体力的にも余裕が生まれます。

是非、磁気治療を生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?
交流磁気治療器のレンタルなら磁気.comへ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です