【不定愁訴とは】明確な診断がつかないその症状は

 


◆ナゼ?…なんだか体調が優れない不定愁訴とは

何となく体調がわるい…漠然とした体調不良の自覚はあるけど、医療機関を受診してもはっきりとした原因がわからない。

「不定愁訴」は、特定の病気を指す言葉ではありません。
むしろ医療機関で十分な診察や検査を受けても、本人が訴えるような身体症状が見つからず、明確な診断がつかないのが「不定愁訴」と呼ばれている状態です。

・セルフチェック!「不定愁訴」と呼ばれる身体症状は?
不定愁訴と呼ばれる体調不良は多岐にわたります。

【全身症状】
倦怠感、疲れやすい、突然来るのぼせやほてり、動悸、発汗 など

【感覚器の症状】
視力低下、めまい、耳鳴り、嗅覚や味覚の異常 など

【消化器系】
食欲不振、胃痛、胃もたれ、便秘、下痢 など

【運動器】
首や肩のコリ、手足のしびれ、手足の冷え など

【泌尿器・生殖器】
頻尿、残尿感、血尿、月経異常、性欲低下 など

【その他】
頭痛、頭が重い、めまい、息切れ、イライラ、不安感、不眠、関節痛、のどの異物感
など

このように症状は多岐にわたり、また1日の内に何度も症状が変化するなど、体調にも波があります。
不定愁訴の症状は当人の主観的な訴えが多く、周囲の充分な理解が求められます。逆に言えば周囲に理解されにくい症状でもあります。

不定愁訴は、環境や季節の変化、蓄積疲労、ホルモンバランス、ストレスなどにより自律神経・ホルモンバランスの乱れが原因と考えられています。

 


◆「不定愁訴」の原因

不定愁訴には様々な原因が考えられます。

・ストレスによる自律神経とホルモンバランスの乱れ
ストレスがかかると、自律神経のバランスが崩れます。そして自律神経を調節する視床下部と、ホルモンバランスを調節する脳下垂体は、非常に近い場所にあります。そのため、自律神経が乱れるとホルモンバランスも乱れてしまい、倦怠感やめまいなどの不定愁訴と呼ばれる症状が現れる場合があります。

・更年期
また更年期の女性に多い、いわゆる更年期症状は性ホルモンのエストロゲンが急激に上昇するため、ホルモンバランスが乱れやすくなります。のぼせ・ほてり・イライラ・うつ症状などの不調を感じる方が少なくありません。日常生活が困難になるほど症状が重いものを更年期障害といいます。

・甲状腺機能障害
甲状腺は身体の新陳代謝の働きをコントロールする役割を担っています。
体の新陳代謝を盛んにする甲状腺ホルモンの機能が亢進すると倦怠感・動機・イライラなどの症状が、低下すると不安感や焦燥感、情緒不安定などの症状が現れます。
これらの症状は不定愁訴の症状と似ているため、甲状腺機能障害と解らないまま誤った診断を受けることもあるので、注意が必要です。

・首のコリ
首から肩にかけて、特に首に関わる鈍い痛みや違和感、圧迫感、不快感を指します。
ストレスなども関係していますが、首のコリが原因で頭痛をはじめ、動悸やイライラ、全身倦怠感などの症状が現れます。

・体の冷え
「冷えは万病の元」というように、身体の冷えにより頭痛や肩こり、胃腸障害など様々な不調がでます。平熱が35℃~と低い、低体温症も増えてきており問題になっています。

・生活習慣の乱れ
アルコールやタバコの嗜好品、食品添加物や脂肪・糖分の多い食事などの食生活の乱れや、睡眠時間が短い、運動不足など、若いうちはあまり気にしないでも全く問題ないことも、不定愁訴を感じる年齢に達すると、途端に発症する要因となります。
生活習慣は普段の癖でもあるので、1日1日を改善していかないと取返しのつかないほどの状況になります。

 


◆不定愁訴は改善できる?どんな方法があるの?

不定愁訴の改善は日常生活で行える様々な方法があります。
まずは生活習慣を見直すことから初めてみてはいかがでしょうか?

・運動をする
ストレスの発散や血行の促進につながる有酸素運動は心身の健康維持に繋がります。
ウォーキングなど、適度な運動量で持続的に続けることが大切です。

・睡眠時間をしっかりとる
睡眠不足になると、疲労が溜まったり、取れなかったり、また精神的にも落ち込みやすくなります。また夜遅くまで起きているとホルモンバランスの乱れにも繋がります。
早寝早起きを心がけ、睡眠時間をしっかりとることは、不定愁訴の改善になります。

・食生活を見直す
食生活の乱れは不定愁訴だけではなく、様々な病気の要因になります。
外食は塩分や脂質が多く、1食で1日の必要カロリー数をオーバーしてしまう事も少なくありません。またカップラーメンや、砂糖が沢山入った加工品も食べ過ぎには注意が必要です。質の高い食生活を心がけることは、健康維持のための基本になります。
1日の適正エネルギー量を守り、栄養バランスの良い食事を心がける事が大切です。

・首・肩こりの改善
不定愁訴のひとつである首・肩のコリの改善は、頭痛やめまいだけでなく、全身の不調が改善するケースがあります。
○整体…体の歪みが不定愁訴を起こす原因になる場合があります。整体で体の歪みやバランスを整えることで、不定愁訴の症状が緩和される場合があります。
○ツボ圧し…自分で指圧する他、鍼や灸などの治療を受けるのも不定愁訴の症状の改善に効果的と言われます。

・磁気治療
これまで改善方法に、運動や食事、睡眠の見直しをおすすめしましたが、忙しい方や、体が思うように動かせない方などは、なかなか取り入れるのが難しいのではないでしょうか。
そのような方におすすめなのが、磁気治療です。
ご家庭で寝ながら、好きな時間にできる治療法です。

「磁気」治療とは、聞きなれない方も多いかと思います。
身近な商品としては、磁石がついた絆創膏状の、肩などに貼ってコリをとるタイプのものが有名ではないでしょうか。
より効果が高いものでは、交流磁気を使った治療があります。
これは、体の深部から抹消までの血行を促進し本来自分たちが持っているケガや病気を治す力を高める、という治療です。
実は磁気が与える効果は大学や企業で研究されていて、人間は磁気を取り入れると自己免疫力が高まり、病気になりにくい体になることが知られています。

交流磁気を使用した治療は自律神経のバランスを整えるうえで、効果的に働く治療のひとつになります。血行は自律神経の支配を受けており、治療で血行が促進されることで必然的に自律神経の働きが調整されます。また自律神経は、人間の意志では直接コントロール出来ないため、外部からアプローチすることで楽にバランスを調節できるという利点があります。

生活習慣を見直して、ストレスを軽減させのが不定愁訴を改善させる良い方法ですが、簡単に続けられる磁気治療も、改善法のひとつとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

◆治らない不定愁訴…あきらめないで!
不定愁訴は、生活改善などで心身のバランスを取り戻し、自律神経のコントロールが回復すれば解消できる病気です。まず、ご自身が可能な事から生活習慣を見直し持続的に習慣づけることが大事になってきます。また不調が身体の状態を教えてくれるサインだと思えば、それをきっかけに生活を見直す良い機会でもあります。趣味などの楽しみを見つけて解消するといった身近なことから始めてみてはいかがでしょうか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です