後頭部がズキズキするその頭痛、原因は?

 

頭痛は様々な要因によって引き起こされ、経験する人も多い症状です。
その中で後頭部のズキズキとした痛みも同様に様々な要因によって発症し、要因によって対処も異なります。

◆ 後頭部の痛みとは

後頭部とは頭の頂点からから後ろ、首すじにかけてを指します。後頭部の頭痛を引き起こす症状は主に下記のタイプがあります。

<緊張型頭痛>

緊張型頭痛

慢性的な頭痛で、最も訴える人の多い症状です。
肩や首の筋肉が緊張している事により起こります。

例えば、デスクワークなどで長時間同じ姿勢をとっていたり、猫背などの同じ姿勢は、肩や首の筋肉が緊張してこわばります。そうすると血流が悪くなり、老廃物などの疲労物質がたまり血管に負担がかかります。その血管が拡張すると周囲にある神経を刺激するのので痛みが生じます。また、ストレスや悩み、心配事などの心因性のストレスでもこの頭痛は起こると言われています。症状が発生する特徴として

・後頭部から頭全体にかけて痛む
・ギュッと締め付けられるような痛み
・ほぼ毎日同じ症状の頭痛がでる

などがあります。

<後頭神経痛>

後頭部神経痛

後頭部には、後頭神経という首のつけねから頭頂部にかけて左右1本ずつある神経があります。この神経が何らかの原因で神経に刺激が起こるとで頭痛がおこります。
症状が発生する特徴として

・電気が走っているかのような、ピリピリした痛み
・吐き気はないが、刺激がおこっている神経部分を押さえると痛みが走る
・首のつけねから、後頭部にかけてズキズキ、キリキリした痛み
・耳の後ろが痛い、また雨が降る前などに痛む

後頭部といっても左右どちらかの神経の刺激によって片側だけ痛む場合と、後頭部全体が痛む場合があります。また、一度発症すると、数秒、数時間単位で、数日間継続するのも特徴です。

<くも膜下出血>
くも膜下出血をおこすと、突然経験したことのない非常に激しい痛みに襲われます。その痛みは「ハンマーで殴られたような痛み」と言われており立っていられなくなる程です。場合によっては命に関わることもあります。

「くも膜」というのは脳を覆う3枚の膜のうち、真ん中の膜です。このくも膜の下で出血したものを、くも膜下出血といいます。ほとんどの場合は脳の動脈にできたコブ状の動脈瘤が破裂することによって起こります。くも膜下出血の痛みはおさまる事がなく、その痛みは断続的です。

くも膜下出血は死亡率の高い病気です。出血量が多い場合はすぐ意識がなくなり、命に関わります。また助かったとしても脳のダメージにより、後遺症なども出ます。

くも膜下出血は働き盛りの人に起こりやすく、くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤はできやすい体質があり、遺伝しやすいといわれています。ですので、近親者にいる場合は注意を心がけることも大切です。軽い頭痛であっても油断は禁物なので、今までと違う違和感を感じたらすぐ医療機関に行くのが何よりです。

<片頭痛>

偏頭痛

片頭痛は頭の片側だけでなく、頭部の両側や後頭部にも痛みが出現します。ズキズキ脈打つような痛みが特徴で、頻度は月単位、多いと週に1〜2回程度おこります。

片頭痛は痛みに伴い、吐き気やひどいと嘔吐をもよおす事があります。動くと痛みが悪化し、静かに休むと楽になるのも特徴です。また頭痛の前兆に閃輝暗点と呼ばれる、目の前にチカチカと小さな点が現れることもあります。このような前兆の多くは15〜30分位で消失し、続いて頭痛が起こります。

原因はストレスや飲酒、天候の変化やホルモンバランスによるものなど様々です。
例えばストレスが原因の場合はストレスが緩和された時に片頭痛がおこります。これはストレスなどの緊張により収縮していた血管が、ストレスが解放されることで一気に拡張するためと言われています。

 

◆ それぞれの改善・対策方法は?

後頭部痛改善方法

<緊張型頭痛>
緊張型頭痛は、先に述べたように同じ姿勢が続いている事や心因性のストレスなどにより首や肩の筋肉が緊張しこわばった事による、血行不良が原因の場合が多いです。

そのため、日頃から肩こり・首こりを無くすことで改善が期待できます。
デスクワークなどで同じ姿勢が続いたら、こまめにストレッチやマッサージをはさんで血行を促すことを心がけると良いでしょう。ストレッチをする事で、気分転換にもなりストレスの緩和にもつながります。

<後頭神経痛>
後頭神経痛は緊張型の頭痛と合併することも多いです。ですので、同様にストレスなどの血行不良からの頭痛が多いため、日頃から休息をとるのが大切になってきます。

しかし、神経痛は鋭い痛みである事が多いため、先に述べたくも膜下出血などの痛みの恐れがあります。症状がおさまらない時は早めに病院を受診する事が賢明です。

鎮痛薬や、神経の刺激を抑える薬などの対処法もあります。

<片頭痛>
片頭痛はストレスや環境の変化、飲食や睡眠などの生活習慣によるものなど、その誘因となるものは様々です。

ですので、普段の生活習慣を見直すことが頭痛の頻度を減らす事につながります。片頭痛の起こるタイミングが一緒の場合は、頭痛の原因を見つけやすいので起こった頭痛を記録しておくのも解消できるひとつの方法ではないでしょうか。

一般の頭痛薬はある程度副作用もあるので、必要以上の薬の使用は効果が薄れたり、害になる事もあります。しかし現在、慢性的な頭痛に対して病院で行われる治療は薬によるものです。慢性的な頭痛で悩む場合は、薬ではなく生活習慣に目を向けてみることも良いかもしれません。

 

◆薬に頼るのを悩んでいる方

後頭部痛薬の悩み

薬に抵抗のある人や症状がなかなか緩和されない人におすすめするのが磁気による治療です。

頭痛の要因のひとつ、ストレスなどからくる頭痛で説明すると、脳内はストレスやその他要因が過度にかかると、セロトニンという神経伝達物質が増加します。

このセロトニンは脳内の血管を収縮させる働きがあります。そして頭痛はこの収縮した脳の血管が急激に拡張した時におこると言われています。磁気治療では、この脳内の血管が急激に拡張する過活動状態を抑えて頭痛を緩和させることが期待されています。

薬と違い副作用の心配もないので、安全性が高い事も知られています。
つらい頭痛に悩む方は、治療の選択肢のひとつとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

薬による治療は頭痛の根本的解決にはならない場合があります。

しかし、「頭痛外来」などもあるように、投薬だけでなく生活習慣の指導なども行っている機関もあります。これまで述べたように、頭痛の解消法は生活習慣の見直しでおおよその改善が見られます。

自分ができることから見直していき、取り入れられる改善法から試してみる事も大切です。その上で解消出来ない慢性頭痛などは1人で対処するのではなく、病院などを受診して治療するのも大切なのではないでしょうか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です