【食べても太らない方法】 間食と夜食の上手な食べ方

交流磁気治療器のレンタルなら磁気.comへ!></a></div></p>
<div align= 無料プレゼント

ダイエットが続かない人へ

ダイエットが続かない

今回のコラムはダイエット情報のお話です。

しかも運動や食事制限といった強制的な方法ではなく、

 

「1日3度の食事じゃ足りない。だけどダイエットはしたい」

 

と、一見矛盾とも思える願いを抱えている方のために、ヒカル先生はとっておきの方法を考えてきました。

なにしろ、肥満はよくないことは誰もが分かっていることですが、いざ体重を落とそうと頑張ってもなかなか大変なものです。

 

ダイエットの最初は毎日ランニングなどの運動をしたり、甘いお菓子や高カロリーの美味しい食べ物を控えたりして頑張ります。

ですが、今まで運動をしていなかった人が長く運動を維持するには、相当の意志の強さが必要ですし、運動をする時間を確保することすら大変です。

また食生活を変えて好きな食べ物を我慢し続けることって、とても大きなストレスです。

 

そんなこんなの理由があって、なかなかダイエットって思うようにいかないものですよね。

ですが、健康診断でメタボリックシンドロームと指摘され、動脈硬化や糖尿病のような生活習慣病になると言われることは避けたいものです。

 

「お医者様は自分のためにダイエットを勧めている」

という事は頭では分かっていても、

「簡単にダイエットしろっていうけど、それが出来たら苦労しないよ」

という気持ち、ヒカル先生はよ~く分かります。

 

それで今回ヒカル先生は、ダイエットの天敵といわれる間食や夜食と上手に付き合って、無理なくダイエットに取り組める方法を紹介することにしました。

上手な間食の摂り方

上手な間食の摂り方

皆さん、「間食を食べると太りそう」というイメージがありますよね。

ですが、食べる量とタイミングにさえ気を付ければ、間食で太ることはありませんので安心してください。

 

むしろ、強い空腹感があるときは少量の間食を摂ることで空腹感が抑えられますし、本番の食事で食べ過ぎを防ぐ効果もあります。

そこでヒカル先生がおススメする間食の食材は、果物、寒天、少量の甘いお菓子です。

 

<果物>

果物は果糖が多く中性脂肪の合成を促す作用がありますが、食べ過ぎや夜遅い時間に食べなければとても良い食材です。

果物には、ビタミンCやベータカロチンなどのビタミン、食物繊維が豊富に含まれている食材が多く、細胞の酸化を防ぐ抗酸化作用もあります。

 

たとえば、みかんはカリウムや食物繊維が豊富で、毛細血管を強化するビタミンPも含みます。

さくらんぼに含まれるアスパラギン酸には疲労回復効果があります。

イチゴは小さめでも10個で一日に必要なビタミンCが摂れます。しかも果物の中では糖分が少なめという特徴もあります。

 

症状別におススメの果物をあげてみると、

高血圧には グレープフルーツやみかん

便秘には りんごやバナナ。

目の疲れには ブルーベリーのジャム

だるいときは レモンなどのクエン酸を含む果物

などを摂取することがおすすめです。

 

<寒天>

寒天といえば「ゼリー」「ところてん」ですね。

これらの寒天食材には、水溶性の食物繊維が豊富に含まれています。

 

食物繊維は腸で水分を吸収して膨れますので、少量でも満腹感があり腹持ちも良いという特徴があります。

塩分の排出を促し、糖質やコレステロールの吸収を抑える効果もありますので、血圧やコレステロール、血糖値を下げるにはもってこいの食材です。

なにより低カロリー食材ですから、ダイエット中の方には特におススメです。

 

ちなみにヒカル先生がダイエットしていた時は、こんにゃくゼリーをよく食べていました。

こんにゃくゼリーって美味しいことはもちろん、弾力があるのでひとつでもけっこう満足するんですよ。

 

<少量の甘いお菓子>

先ほど紹介したこんにゃくゼリーもお菓子ですが、甘いお菓子は少量を賢くいただきましょう。

 

甘いお菓子には糖分や脂肪が多く、高カロリーな物が多いのですが、すぐにエネルギーに変換できるというメリットがあります。

例えば、空腹を我慢してイライラしてしまう時ってありますよね。

こんな時は、チョコレートを一口食べたり、クッキーを1枚2枚食べると、糖分によって疲労回復や脳の活力がアップし、空腹感も少し落ち着いてきます。

ビフィズス菌や乳酸菌を多く含むヨーグルトには、胃腸の調子を整え便秘を解消する効果もあります。

 

ですが、甘いお菓子はついつい食べ過ぎてしまうものですから、低脂肪なお菓子を選ぶようにしましょう。

 

間食にオススメの食べ物

 

上手な夜食の摂り方

上手な夜食の摂り方

続いて今度は、上手な夜食の摂り方を紹介しましょう。

 

食事は寝る2~3時間前に済ましておくことが基本ですが、仕事や付き合いで帰宅が遅くなって、遅い時刻に食事を摂ることもあるでしょう。

ヒカル先生が紹介する夜食の摂り方は、こんな場合に選択する夜食メニューです。

 

けっして、夜更かしをして小腹の足しにするための夜食ではありませんからね。

夜は胃腸の消化・吸収の働きが低下しますので、消化の良い食べ物を選ぶことがポイントです。

 

間食の食材としておススメした果物は、食物繊維が豊富なために消化に時間が掛かりますから夜食には向きません。

 

空腹間が強い日は、満腹感を得やすい炭水化物を選択して、お茶漬けやうどんを食べることがベストです。

 

お酒を飲んだあとに夜食を摂る場合は、肝臓を修復するために低脂肪かつ高タンパクな食材を摂りたいところですので、豆腐や納豆、卵などを雑炊やうどんに入れても良いです。

ですが、食べたらすぐに寝る!という場合は量を控えめにして下さい。

 

また、疲労回復を狙うには、レモンやお酢、梅干しなど酸味のある食材を加えると良いです。

これら酸っぱい食材には「クエン酸」が含まれているのですが、乳酸などの老廃物や疲労物質を排出する働きがあります。

しかも胃腸の調子も整える効果もありますので、翌朝の胃もたれを防ぐこともできます。

ですので、クエン酸は夜食に限らず普段の食事でもなるべく摂るようにしましょう。

 

例えば、焼肉や唐揚げにレモン汁を掛けたり、ラーメンにさっとお酢を掛けると、脂肪の吸収を抑えられ代謝も良くなります。

 

また、高脂肪の食べ物を食べるときはカテキンやポリフェノールを含むお茶やウーロン茶をお供にします。

塩分を摂り過ぎたときは、無添加な野菜ジュースやトマトジュース、オレンジジュースなどを飲んでおきましょう。

そうするとカリウムが補給でき、ナトリウムを排出しやすくなります。

夜食にオススメの食べ物

 

まとめ

夜食と間食のまとめ

確かに食事の度に細かくエネルギー量を計算して、甘い物や脂っこい食べ物をコントロールして食べれば、間違いなく体重は減ります。

ですが、無理に食事を我慢するダイエットは身体と心によくありません。

 

健康のためにダイエットをするのに、ダイエットが原因で身体の活力を低下させてしまっては、元も子もありませんからね。

そこで今回はダイエットを志す方々の応援として、上手な間食と夜食の食べ方を紹介しました。

 

これで間食や夜食はけっして悪いことではないとご安心いただけたことでしょう。

皆さんの好きな食事を無理に制限するよりも、上手に間食を摂って、太らない夜食を食べる。

そうすれば身体の活力を落とすことなく、ゆっくりと確実なダイエットに取り組めますよね。

 

あと誤解されている方はいないと思いますが、ヒカル先生は「間食と夜食を食べると痩せる」と勧めているわけではありませんからね。

さすがに好きな食べ物を、いくらでも食べて良いわけではありません。

 

長時間のテレビ番組や映画をみながらダラダラと間食したり、夜食で脂っこいラーメンを食べることはもってのほかですよ。

 

では、今回はこの当たりとして、次は第2ステップの運動もしっかり頑張りましょう!

ヒカル先生は皆さんのダイエットの成功を応援しています!

交流磁気治療器のレンタルなら磁気.comへ!></a></div></p>
<div align= 無料プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です