だるい症状は体からのSOS

だるい症状は体からのSOS

その倦怠感は体からのSOS

その倦怠感は体からのSOS

疲れやすくなったり、続く倦怠感。
体が発しているSOSの可能性はありませんか?

 

私たちの体には、無くて良い物などなく、すべての器官や臓器が健康に動いているから日常の生活を送れています。

そんな体のどこかで不具合が発生した時にサインを出すのが、痛みや痺れ、違和感になります。
疲れやすさや倦怠感もそのサインの一つです。

 

しかし、自覚症状とは曖昧なもので、痛みに強ければ我慢出来てしまうし、鈍感だったら感じないこともあります。

言うまでも無く、生きていく上で心臓の動きは何者にも変えがたい働きをしていて、心臓が弱まれば全臓器の働きも低下していきます。

 

そんな心臓からのSOSは、まったく関係の無さそうな場所から出ている事が多いのです。

 

心臓の働き

心臓の働き

<心臓の働き>

・心筋と呼ばれる筋肉からできていて、血液を全身に送り出すポンプの働きをしています。血液は体を廻りながら酸素や栄養を運ぶ役目をしています。
・心臓も働くためには酸素や栄養素が必要です。それらを心臓の筋肉へ運ぶ血管が冠状動脈です。冠状動脈には太い3本の枝があり、心臓の回りを王冠のようにめぐっています。

 

心臓は血流が悪くなると負担が増大していきます。

心肥大や不整脈は血流が悪くなることで、血液の戻る力が足りず送り出した血液が滞り、血管に負担がかかり現れます。
心臓の働きばかりではなく、心臓に流れる血液の状態でも心臓に大きな影響が出ます。

 

そんな心臓の病気、虚血性心疾患は日本の死亡三大原因の一つに挙げられています。

虚血性心疾患は、心臓の筋肉(心筋)に酸素と栄養を送り届けている冠状動脈という血管の動脈硬化から起こります。

 

冠動脈が動脈硬化で硬くなり、心臓に十分な酸素と栄養の供給が出来なくなることが病気の発生に繋がります。

 

虚血性心疾患の代表的な病気には狭心症と心筋梗塞があります。

放っておくと突然死や心不全などの生命にかかわる重大な病気を引き起こします。

 

狭心症と心筋梗塞

狭心症と心筋梗塞

<狭心症>

動脈硬化や血栓などで心臓の血管が狭くなり、血液の流れが悪くなると、心臓の筋肉に必要な酸素や栄養がいきわたりにくくなります。

 

急に激しい運動をしたり、強いストレスがかかると、心臓の筋肉は一時的に血液(酸素・栄養)不足となり主に前胸部、時に左腕や背中に痛み、圧迫感が生じます。

 

<心筋梗塞>

冠状動脈が完全に詰まって、心臓の筋肉への酸素と栄養が途絶えることにより、その部分の活動性がなくなります。

心臓の筋肉の動きが悪くなると、全身に血液を送り出すポンプとしての力が落ちてしまいます。

 

激しい胸の痛み、呼吸困難、冷や汗、吐き気、嘔吐などの症状があります。

梗塞に陥ると、直後は心臓の筋肉がもろくなり、豆腐のような柔らかさになってしまい、血管もすぐに切れやすくなっています。

 

日が経つにつれて少しずつ硬くなり1ヶ月ほどして固まっていきます。完全に固まるまで3ヶ月かかります。

発症直後の1週間は、このもろい部分が破れることがありますし、また不整脈の起源となることがあります。

 

狭心症と心筋梗塞の違い

狭心症と心筋梗塞の違い
狭心症 心筋梗塞
胸痛特徴 突然、締め付けられるような重苦しさ、圧迫感がある痛み。 締め付けられるような激しい痛み。不安感、重症感がある。
発作の持続時間 1〜5分程度で長くても15分以内 15分以上。数時間続くこともある。
ニトログリセリンの効果 多くの場合著効 効果がない

 

⚫︎主な症状と比較

<息切れ>

心臓機能に異常が生じると、軽い動作でも息切れや呼吸困難が起き、症状が進むと安静時でも息切れを感じるようになります。

心臓の機能が低下すると、体の隅々まで酸素を十分に送れなくなる為、末梢では酸素不足になり、脳の呼吸中枢にもっと呼吸を送るようにと命令するからです。

 

さらに心不全が進行すると、肺に血液がうっ血するため肺からの酸素の取り込みが不十分となり、血液中の酸素が低下し息切れが生じます。
身体や脳に酸素が不足すると、全身に倦怠感がでます。

 

<胸痛>

胸の痛みは狭心症と心筋梗塞の代表的な症状です。

狭心症は胸の中央部からみぞおちにかけて、胸部全体に漠然とした痛みが生じます。
肩、首、腕、あご、歯などに痛みが走ったり、痺れがでることもあります。

 

痛み方は「押されるよう」「締め付けられるよう」「息苦しい」「焼けるよう」「鈍痛」と人により色々ですが、どうにも我慢出来ないというほど強い痛みではありません。

安静にしていると通常5分以内、長くても10分以内に治まります。

 

心筋梗塞の痛みは「死を思わせる」不安や恐怖を伴い短くても30分以上続きます。痛む場所狭心症とほぼ同じですが、痛みの強さは狭心症とは比較にならないほど強烈で「胸をえぐられるよう」「焼け火箸を突っ込まれたよう」などと言われます。

顔面蒼白、冷や汗、呼吸困難、吐き気などの症状を伴うこともあります。

 

<動悸>

狭心症や心筋梗塞が進行している際胸痛があまり起こらず、動悸や息苦しさなどを感じるケースもあります。

正常な時は心臓の鼓動を意識しませんが、心拍が増えたり不整脈のために脈が飛んだり心臓の拍動が強くなったりすると動悸として感じるのです。

 

健康な状態でも緊張したり、運動直後は一時的に鼓動を強く感じますが病的なものは、これが平静時に突然起こり不安や不快感を伴って現れます。

狭心症は血管の狭窄によって血流が低下し、心筋が一時的な酸素不足に陥っている状態です。

 

一方心筋梗塞は血栓が出来て血管がつまり、心筋細胞が酸素を供給出来なくなりなり、その一部が壊死を起こしている状態です。

 

心臓の働きが弱まっていて、息切れや動悸が全身症状としてある場合は倦怠感も現れます。

これも心筋梗塞の前兆で、早めの受診が必要の状態になります。

 

⚫︎男女の差

動脈硬化による狭心症は男性に多く見られます。働き盛りの男性は特に注意が必要です。

男性は外食が多く、濃い味付けや脂っこい食べ物を好む方が多いです。

 

一方、女性は、女性ホルモンであるエストロゲンに心血管系に対する色々な保護作用(血管弛緩作用・脂肪代謝改善作用・抗酸化作用など)があり、閉経前の女性で男性と比較すると動脈硬化による虚血性心疾患が少ないのはエストロゲンの抗動脈硬化作用によるものと考えられています。

 

心臓・血管への運動による3つの健康効果

心臓・血管への運動による3つの健康効果

⚫︎血管の拡張、血圧の低下

心拍数が増えて血流が増加します。すると、血液と血管の摩擦が増え血管の内側から一酸化窒素が分泌されます。

 

一酸化窒素が血管の平滑筋という筋肉に作用すると筋肉が緩んで血管が広がります。血管が広がると血圧が下がります。

血圧が下がると心臓への負担が減ります。習慣的に運動を行うと、上の血圧が5㎜Hg前後下がることがわかっています。
食事でしっかり減塩するのと同じ位なので、とても効果的です。

 

⚫︎動脈硬化の予防

動脈硬化が起きると、悪玉コレステロールが血管の壁の中に溜まってコブを作り、血管を狭くしてしまいます。

それが破けると血栓ができて血管を詰まらせてしまいます。しかし、運動をすることで、血液中の善玉コレステロールが増えます。
善玉コレステロールは血管の中に溜まった悪玉コレステロールを回収して、動脈硬化を進みにくくしてくれます。

 

心臓や血管には少し息が上がるくらいの運動が適しています。

座っている「不活動」の時間が長いほど、健康によくないことがわかってきています。

1日1時間歩く程度の身体活動をしている人と、1日10時間以上座っている人では、心筋梗塞などの虚血性心疾患のリスクが高くなっています。
立ったり家事をしたりと、運動量としては少ないですが、こまめに体を動かすことが大切です。

 

虚血性心疾患は冬に発症するケースが多いです。
外気温が低く、筋肉も硬くなる傾向があるので、血流は悪くなります。
寒くトイレが近くなるので水分を控える傾向にあるため、血液中の水分も少なくなり血液がドロドロに・・・。

 

先日亡くなった宍戸錠さんの死因も虚血性心疾患ということがわかりました。
自宅で倒れていた所を発見されたようです。

86歳と高齢だったこともあり、動脈硬化の進行と寒さによる血流悪化で心筋梗塞を発症した可能性がありますね。

 

やはり、強い心臓と血流を良くしておくことが、病気の予防になり突然死を防ぐ事になります。

 

健康の基本は血行

健康の基本は血行

食事や運動はもちろんですが、効果が出るまでに時間がかかります。

 

すでに動脈硬化を起こしている場合には早めの血行改善が重要です。
寒さや温度変化で血管の収縮があった場合には虚血性心疾患のリスクが高まります…

 

交流磁気による血行改善と運動や減塩を組み合わせながら体質改善を行いましょう。
血行が悪いと身体は健康で居られないです。

 

健康は1日では手に入りません。「継続は力なり」です。
まずは、自分の体の現状を知って改善・予防に動きましょう。

 

ぜひ、交流磁気で安心の毎日が送れるように生活に取り入れてみてください。