冬場は乾燥、夏場はジメジメ。体調が悪いときは湿度を疑え!

冬場は乾燥、夏場はジメジメの日本においては湿度コントロールが不可欠です。原因不明の体調不良は自律神経の乱れが原因とよく言われますが、その自律神経を乱す原因に湿度が関係していることは意外に知られていません。

 

冬の湿度コントロール

今シーズンはたて続けに大寒波が日本列島を覆っておりますが、ヒカル先生は四季の中で冬がもっとも嫌いです。

比較的温暖な千葉県に住んでいるヒカル先生ですので、寒さ自体は我慢できます。

ヒカル先生が冬を嫌いな理由は、寒さというよりもやることが色々と増えるからです。

例えば、冬場は着るものが増えますから必然的に洗濯物も増えます。布団も厚目に変えたり毛布を加えたりしますので、布団干しも一苦労です。

それにセコイ、いや倹約家のヒカル先生は一日中エアコンを付けっぱなしなんて出来ず、面倒でもこまめに付けたり消したりしています。

また冬場は空気が乾燥しないように、適切な湿度コントロールもしなくてはなりません。

 

このようにやることが多い冬は、メモリ量が乏しいヒカル先生の頭がオーバーヒートしてしまいます。

まぁ、くだらないヒカル先生の話はさておき、今はウイルス感染予防のために皆さんも湿度コントロールは気に病むところでしょう。

 

一般的にウイルスは湿度40%以下を好みます。

一方、私達に好ましい冬場の湿度は45~60%です。

エアコンで暖房していくと湿度は下がっていきますから、加湿器などを上手に使って湿度45~60%を保つようにしましょう。

 

でも、加湿器の使用にはちょっとした知識が必要で、注意しなくてはならないことがいくつかあります。

例えば、夜から朝にかけて気温が下がりますから、飽和水蒸気量も下がります。もし加湿器を付けっぱなしで寝てしまうと、明け方は結露で大変なことになるでしょう。

窓や壁際で冷やされた空気から結露が発生して、カビやダニを招く原因になってしまいます。

結露を防止するためにはタイマーを設定、加湿器は窓や壁の近くに置かず、なるべく部屋の中心に置くと良いですね。

 

また加湿器にセットする水は、できるだけ毎日交換してください。

もし古い水にカビや細菌が発生したら、それらを空気中に放出することになりますからね。

あと大半の加湿器は水道水を入れるようになっていますが、殺菌効果を期待して消毒アルコールなどを混ぜてはいけません。

面倒臭がりのヒカル先生でも、加湿器に関してはこのような注意を払いながら使用しています。

 

加湿器をお持ちでない方のために、お金を掛けないで出来る乾燥対策もお伝えしましょう。

例えば、入浴後のドアを開けておく、洗濯物の部屋干しなどです。

これだけでも部屋に潤いを与えてくれます。

でも、夜間に洗濯物をカーテンレールに下げておくと、窓に大量の結露が発生する原因になりますからご注意ください。

 

湿度が低いと

しかしながら、なぜここまで湿度をコントロールする必要があるのでしょうか。

それは「湿度管理は体調管理の基本」と言っても過言ではないほど、私達の体調に大きな影響を与えるからです。

低い湿度が私達の身体にどのような影響を与えるか、身近な事例で説明しましょう。

 

まずは冬場の手洗いです。

手洗いはウイルス感染予防にとても有効ですから、一日に数えきれないほど手を洗っているという方は少なくないでしょう。

でも手洗いで洗い流されるのは、ウイルスや細菌だけではありません。肌を保護するために必要な皮脂や水分も一緒に洗い流されてしまいます。

手は次第にカサカサになってゆき、ちょっとした刺激で皮膚がぱっくり割れてしまうこともあります。

手洗いの後は適切に保湿クリームを使って、洗い流された油分と水分をしっかりと補給するようにしましょう。

 

なお、ウイルスや細菌は手に付着してもすぐに感染はしません。ウイルスがついた手で鼻や口などを触ってしまったときに、感染のリスクが高まります。

しかし、病原菌が体内に侵入しようとしても、私達に備わる免疫が病原菌に対抗し、涙や鼻水、咳によって外へ吐き出すことが可能です。

ところが空気の乾燥は、鼻やのどの粘膜、気管にある繊毛細胞を傷つけてしまい、異物を吐き出す能力を低下させてしまうのです。

すると体内に多くの病原体の進入を許すことになり、優秀な免疫細胞をもってしても対処しきれなくなります。

ウイルス感染予防には、粘膜や繊毛細胞を適度に潤すことも効果的ですから、飲み物をこまめに摂取するようにしましょう。

 

なお、寒い冬場はあまりのどが渇きませんので、知らず知らずのうちに水分補給が遅れて脱水症状に陥る危険があります。

冬場の脱水症状は緩やかで大事には至らないことが大半ですが、血液の水分不足は血栓(血の塊)を作る要因です。

血栓が脳の血管を詰まらせると脳梗塞、心臓の血管を詰まらせると心筋梗塞になってしまいます。

寒い冬は熱の放出を防ぐために筋肉が収縮、血管も狭くなり血行不良になりやすいですので、適度に水分を摂って体も軽く動かしましょう。

 

ちなみにヒカル先生は、いつもデスクの前にペットボトルのお茶を用意して、時々貧乏ゆすりをしています。

 

貧乏ゆすりは足の血行を回復させる健康法のひとつですから、お行儀が悪いと怒らないでくださいね。

 

湿度が高いと

冬場の快適な湿度は45~60%ですが、気温が高い夏場は55~65%が快適な湿度です。

そのため湿度70%くらいに上がれば私達は不快と感じるようになります。

 

高湿度の季節といえば、なんといっても梅雨時です。

毎日のようにシトシト雨が降る梅雨は、なんとなく気分がすぐれませんよね。

体が重く、だるい、疲れが抜けない、頭痛やめまいを感じる等、実際に体調不良になってしまう方も多い時期です。

 

梅雨にこのような不調が襲う理由は、自律神経に大きな負担が掛かっていることが考えられます。

自律神経は私達の生命を維持し、意思とは関係なく体を調節してくれます。

 

例えば暑いとき、体温を汗の蒸発によって冷やすために、自律神経は「汗を出せ」と命令します。

ですが湿度が高いと汗はなかなか蒸発してくれませんから、自律神経はさらに汗を出せと命令します。

すると体の水分は減少し、同時に体力も奪われていきます。

大量の汗で体が冷えたとしても、今度は冷えすぎの状態になるでしょう。

やがて体の代謝機能が悪くなり、血液もドロドロになって老廃物が体に蓄積、不調を加速させてしまいます。

 

このように高湿度は「自律神経の乱れ」や「夏場の冷え」をもたらし、夏場の体調不良をもたらす最たる要因になります。

 

また加湿器の件でも触れましたが、高湿度はカビやダニが増殖する原因です。

カビやダニが健康に与える影響は大きく、アレルギーや喘息、鼻炎など様々な病気を引き起こしてしまいます。

夏場は55~65%が私達の快適な湿度ですが、カビは60%を超えたあたりで急速に増殖します。

夏場はエアコンや除湿器を利用して、室温だけでなく湿度にも気を配りましょう。

 

まとめ

いかがでしたか。

今回ヒカル先生は、湿度が私達の体調に与える影響を説明しましたが、「湿度管理は体調管理の基本」と言われる意味をご理解いただけたでしょうか。

 

なお原因不明の体調不良の場合、医師から「自律神経の乱れ」と言われた方も多いことでしょう。

そのような方は湿度コントロールと一緒に、血行促進に取り組んでみてください。

自律神経と血管は体中に張り巡らされていますから、血行が良くなれば自律神経にも良い影響が期待できます。

 

血行促進の方法は運動、お風呂、マッサージ、それにヒカル先生がお勧めしている電気磁気治療器などがあります。

電気磁気治療器は患部に当てるだけ、服を着たまま深部まで血行促進が可能です。通勤がないテレワークで運動不足が心配な方にも良い一品ですよ。

 

それでは毎度の電気磁気治療器一押し発言が出ましたので、この当たりで終わりにしましょう。

現代は、加湿器、除湿器、エアコン、そして電気磁気治療器などの便利な文明の利器がありますから、これらを上手に使って体調管理に取り組んでくださいね。