磁気治療器の効果を最大限に引き出す全身磁気療法

磁気治療器の効果を最大限に引き出す全身磁気療法
無料プレゼント

磁気治療器の無調体験場を発見

磁気治療器の無料体験場を発見

ヒカル先生の趣味のひとつは、自転車でプラプラすることです。

 

でも忙しい社会人であるヒカル先生は、週末には1週間分の買い物があり、趣味に多くの時間を費やすことができません。

そんなヒカル先生は、趣味と実用を兼ねた画期的な解決方法を導きました。

 

それは何かと言うと・・・

「自転車でちょっと遠くまで駆り出して、帰りに買い物を!」

 

まさに健康マニアのヒカル先生らしい素晴らしいアイデアでしょう、コレ。

ヒカル先生の自転車はカゴが無いスポーツタイプですが、10km位の距離ならひとっ走りです。

 

でも買い物をすれば大きな荷物になりますから、いつも大きなリュックサックを持っていく必要があります。

皆さん、千葉県で赤い大きなリュックサックをしょった赤いスポーツタイプの自転車を乗った40代の男性を見かけたら、それはヒカル先生の可能性があります。ぜひ覚えておいてくださいね。

 

そんなこんなで地元を縦横無尽に奔走しているヒカル先生ですが、この自転車の買い物には新しいお店を発見するという楽しみがあります。

先日は新しいルートを発掘しようと、今まであまり行かなかった地域を走ってみたのですが、ある商店街の一画に興味深いお店をみつけてしまいました。

 

それはなんと、磁気治療器を無料体験できるお店です!

自転車を止めて恐る恐る中をのぞいてみると、店内には10人位の人達が椅子に腰かけて、店員さんと話をしています。

 

ヒカル先生の方が怪しい雰囲気を漂わせていたのか、すぐに店員さんが気付いて、「次の回にご案内しますのでそちらに腰を掛けてお待ちください」と一言。

5分位待っていると、10人位の人達はそそくさとお店を後にして、ヒカル先生と一緒に待っていた人達が案内されました。

 

案内された椅子を見てみると、なんと複数の電気磁気治療器が内蔵されている全身磁気治療器ではありませんか!

そのお値段は確か100万円はくだらないはず。

 

ヒカル先生は思わずオロオロと戸惑ってしまったのですが、お隣の年配の女性が「あなた、初めての人? 大丈夫、30分無料だから」と機器のスイッチを0Nにしてくれました。

 

店員さんと常連の皆さんが楽しいおしゃべりを交わされたあと、店員さんはヒカル先生に丁寧な説明をしてくれました。

このお店は磁気治療器メーカーの無料宣伝会場、新製品の磁気治療器を30分間無料で試してもらっているそうです。

 

1日に100人位の来場者があるので1日に1回までしか利用できませんが、何日来てもずっと無料。

でも磁気治療器以外の健康食品や磁気ネックレスなどは有料だそうです。

 

いや~、磁気治療器の無料体験場が全国にあることを知っていたヒカル先生ですが、意外と近くで発見できたことにビックリです。

まぁ、近くと言ってもヒカル先生の自宅から10kmは離れていますから、発見できたのはヒカル先生の行いの良さと、磁気の引き寄せる力がなせる業でしょうか。

 

それはともあれ、マッサージチェアだって5分100円位するはずなのに30分無料だとは何て太っ腹なのでしょう。

しかも高額な全身磁気治療器を使用できるのですから、なおさら驚きですよ。

 

そこで今回のコラムではヒカル先生の感動を皆さんと共有すべく、磁気治療器の効果を最大限に引き出す全身磁気療法を詳しく紹介することにしましたよ。

 

全身磁気療法

全身磁気療法

「治療」は一般的に使われる言葉ですが、法律上では医師による医療行為のことを指します。

 

つまり医師が行う場合は磁気治療と呼んでも差し支えないのですが、医師が在中しない無料体験場やご家庭での使用を想定して、今回のコラムでは磁気療法と呼ぶことにします。

 

ヒカル先生がお勧めしている磁気療法には血行促進という効果があります。

磁気療法には固形の永久磁石を使うこともありますが、より高い効果を得るためには電気磁気治療器を使うことが一般的です。

 

なお電気磁気と言っても、電流が体に流れるわけではありません。

電気磁気治療器の中には電磁石が組み込まれており、家庭用の交流電源によって「交流磁気」と呼ばれる特殊な磁気を発します。

 

ちなみに電磁石といえばリニアモーターカーが有名ですが、機体をレールから浮かすほどの強い電磁石が使われています。

医療機器にMRIという大型の検査機器がありますが、MRIにも強力な電磁石が使われています。なにしろMRIの「M」はマグネットを意味していますからね。

 

交流磁気は骨や筋肉に遮られることなく体内を浸透しますので、電気磁気治療器を腰に当てても反対側のお腹で感知することが出来ます。

血行促進の効果は、動脈や静脈といった大きな血管はもちろん、身体の深部を流れる極小の毛細血管まで作用します。

 

ですが、全身の血管を縦につなぐと10万kmにも及ぶとてつもない長さになりますから、小型の電気磁気治療器1台だけでは少々パワー不足です。

そこで開発されたのが、複数台の電気磁気治療器を組み込んだ全身磁気治療器です。

 

全身磁気治療器の中には、ヒカル先生が無料体験場で体験した椅子タイプ、特殊なベッドマットの内部に機器を埋め込むタイプなどがありますが、高額品になるほど内臓している機器の台数が増えていきます。

 

ちなみに、ヒカル先生が体験した椅子タイプには3台の電気磁気治療器が組み込まれていたのですが、最高級品になると6台も入っているそうです。

電気磁気治療器が6台も入っていれば、頭、肩、腰、お尻、太もも、ふくらはぎに万遍なく交流磁気が当たるわけですから、これはもう全身の血流が一気に促進することは間違いありません。

 

全身磁気療法を繰り返し行っていくと次第に全身の細胞が活性化し、活力のある細胞が生み出す新陳代謝は皮膚や髪、爪といった表面部分だけではなく、骨や内臓まで若々しく再生します。

また全身の血行促進により自律神経が整えられ、免疫が高まることで病気になりにくい体質に変化していきます。

 

しかも筋肉のコンディションは整えられますから、肉体を酷使する仕事やスポーツをされている人ならば、疲労の回復具合が手に取るようにわかるでしょう。

ちなみに無料体験場に何回も通っているという方の話では、よく眠れる・目覚めが良い、目や耳がよくなった、お通じがよくなったという意見もありましたよ。

 

磁気療法の注意点

磁気療法の注意点

とてもスゴイ健康効果を発する全身磁気療法ですが、電気磁気治療器の使用にはいくつかは注意すべきことがあります。

 

磁気によって精密機械が誤作動を起こす場合がありますので、時計や携帯電話、パソコン等は磁気治療器から1m位は離しておきましょう。

この理由により、体内にペースメーカーなどの医療機器を埋め込んでいる人は使用できません。

 

また怪我で炎症がある状態では、血行促進によって痛みが強くなることがあります。炎症時はまずはアイシングなどで患部を冷やして、炎症が治まってから磁気療法を試してください。

 

もうひとつ大切なことが。

初めて磁気治療器を使った人や高齢者に多い現象なのですが、体内の血流が一気に促進されたことで、のぼせた時のような不快感を訴える場合があります。

 

これはけっして身体に悪い現象ではなく、目に見えない磁気が体に作用を及ぼしている証拠です。

しかしながら、このような不快な症状が出れば不安になってしまうもの。

 

でも、身体が磁気に慣れていくうちに不快な症状は治まっていきますから、初期のうちは機器の使用時間を短めにするとよいでしょう。

逆に体力がある人ならば、そんな全身磁気療法でも物足りないと言う人がいます。

 

その根拠としては、「マッサージのような強い刺激があると思っていたのに・・・」という意見です。

確かにヒカル先生が知る所の電気磁気治療器にはマッサージ機能は付いていません。

 

でも、永久磁石を組み込んだ布製カバーを機器に取り付けて、マッサージ器のように振動させることも出来るのですよ。

 

まとめ

全身磁気療法まとめ

いかがでしたか。

今回ヒカル先生は偶然にも磁気治療器の無料体験場を発見したわけですが、皆さんにその感動が伝わりましたでしょうか?

 

この無料体験場の開催地についてはネットでもほとんど情報が出ないのですが、全国の農協やデパートの一画で開催されていることが多いです。

ですが一時的な催し物として、短期間で他に移動してしまうこともあります。

 

そのため、無料体験場を発見できた方はとてもラッキーです。

何回行っても無料ですから、この機会になるべくたくさん利用させてもらいましょう。

 

あ! そうそう、ひとつだけお店に人にお願いされたことを忘れるところでした。

無料と言っても磁気治療器の普及や宣伝が目的ですので、お友達やご家族などに紹介してくださいと言われていました。

 

それでヒカル先生は今回のコラムで皆さんに紹介してみたという訳です。

無料プレゼントはこちら!