2019年から高血圧の薬を処方される人が増えていく?

2019年から高血圧の薬を処方される人が増えていく
無料プレゼント

高血圧ガイドライン2019

高血圧治療ガイドライン2019

2019年もあと2ヶ月を切った今日この頃、ヒカル先生は皆さんに大切なニュースを伝え忘れていたことに気付きました。

 

時は2019年4月、日本全体が新しい元号が何になるのかとワクワクドキドキしていたころに遡ります。

日本高血圧学会は4月19日、5年ぶりに「高血圧治療ガイドライン」を発表したのです。

 

いや~、ヒカル先生がお勧めする磁気治療器には「血行改善」という効果があると言うのに、血圧に関するこのニュースをお伝えすることを忘れるとは、大変な失態をしてしまいました。

しかしながら、新しいガイドラインでも従来からの血圧基準(上は140、下は90mmHg未満までが正常)はそのままでしたから、ここはご安心ください。

 

それでは遅ればせながら、「高血圧治療ガイドライン2019」の概略から紹介します。

まずは下記の表をご覧ください。

血圧の分類

こちらの表は皆さんもよくご存知の血圧分類表ですね。

 

左上の140、下は90の値に赤丸が付いています。

この140/90が高血圧と正常値の境目ですが、前述の通り高血圧治療ガイドライン2019でも変更はありませんでした。

 

今回のガイドラインの主な変更点は、高血圧の治療対象となる降圧目標です。

 

・75歳未満の降圧目標を130/80mmHg未満に(従来は140/90)

・75歳以上の降圧目標を140/90mmHg未満に(従来は150/90)

・75歳以上で他疾患合併時に忍容性があれば130/80mmHg未満を目指す(従来は140/90)

注意:数値はいずれも診察室血圧

 

ちなみに降圧目標とは、高血圧の薬を飲まなくてはいけない基準ではなく、生活習慣の見直しが必要という基準ですよ。

 

高血圧が良くない理由

高血圧が良くない理由

高血圧が良くないと言うことは周知の事実ですが、血圧が多少高くとも自覚症状はありませんから、高血圧の弊害は良く分からないという方もいらっしゃるでしょう。

そこでヒカル先生は、高血圧がもたらす悪影響を簡単に説明します。

 

心臓は身体の隅々まで血液を送るためのポンプであり、「1分間に心臓が送り出す量×血管の抵抗」が血圧です。

血圧が高いほど心臓に強い負荷が掛かり、全身の血管にも強い負荷が掛かりますので、徐々に弾力性が失われてゆき動脈硬化を促進します。

やがて心肥大や狭心症、そして怖い病気の代名詞のひとつである「心筋梗塞」が忍び寄ってきます。

 

脳の毛細血管に異常が起これば、これまた怖い病気の脳内出血や脳梗塞の危険が高まります。

 

さらに、血液のろ過装置である腎臓は毛細血管が大量に集まった臓器ですから、高血圧は腎臓への影響が多大です。

 

このように高血圧は、発症すると一瞬で命を失いかねない病気である心臓病や脳卒中を引き起こし、腎障害や糖尿病など一生涯治療が必要な病気のリスクを高めるのです。

 

血圧が高くとも何も感じることはありませんが、確実に大きな病気を引き寄せてくるのが高血圧の怖いところです。

高血圧治療ガイドライン2019で降圧目標が下げられた理由も、この当たりにあるのは間違いないですね。

 

ちなみに、高血圧や動脈硬化、心臓病や脳卒中、腎臓病や糖尿病も以前は「成人病」と呼ばれていましたが、現在では「生活習慣病」と呼ばれています。

「成人病」と言うと加齢によって誰もが生じる病気と感じてしまいますが、実は年齢よりも生活習慣による影響の方が多大です。

 

良い生活習慣を継続している人はこれらの病気になり難いですし、生活習慣を見直して継続的な改善を行えば、十分に回避することは可能です。

このような理由により、成人病から生活習慣病に名称が変わっていきました。

 

血圧を下げる薬

高血圧が良くない理由

高血圧治療ガイドライン2019では降圧目標を下げて、初期からの予防、早期のうちに治療を行う指標が示されました。

 

生活習慣の見直しだけでは血圧が下がらない場合は、血圧を下げる薬(降圧薬)が処方されます。

投薬治療を行う場合、医師は患者の年齢や性別、合併症の有無など総合的に考えて、最も適すると思われる降圧薬を1種類処方します。
降圧薬の種類と特徴

 

上記表の通り、降圧薬にはいくつかの種類がありますが、基本的な働きとしては人工的に血液の流れを弱くして血圧を下げます。

 

ですが降圧薬を服用すると副作用が出る場合がありますので、副作用が酷いときや血圧が下がらない場合は他の薬に変更します。

副作用が少なくて効果はある、だけど効果はいま一つという場合は、薬の量を増やしたり、他の降圧薬と併用することもあります。

 

ヒカル先生の血圧論

ヒカル先生の血圧論

この章でヒカル先生が述べることは、現在の医学の常識とは異なる意見かも知れません。あくまでもヒカル先生個人的な意見として、お読みいただければ幸いです。

 

正直に申しましょう。

ヒカル先生は現在の高血圧の基準について疑問を抱いています。

 

高血圧の基準は2000~2008年のわずか8年間でどんどんと引き下がりました。

もちろん医学の発達によって基準が変わっていくことは当然ですが、高血圧の基準に関してあまりにも急激な変化が起こったのです。

 

例えば、75歳の人の収縮期血圧(上の血圧)が161だったとします。

現在の高血圧基準は年齢や性別を問わず140/90ですから、れっきとした高血圧ですね。

ですが2000年以前の基準ならば、この人は正常に該当されるのです。

 

当時の血圧判定の目安は「年齢+90」が使われていました。

つまり75歳ならば収縮期血圧165を超えたあたりで、初めて高血圧と言われていたんです。

 

それでは「年齢+90」の基準が使われていた理由を述べましょう。

 

どんなに生活習慣に気を配っている人でも、加齢による老化現象は確実に忍び寄りますから、少しずつ血管の弾力性は衰えていきます。

年を重ねれば、全身の隅々まで血液を送るために高い圧力が必要になってくることは自然な現象です。

そのため一律的な基準ではなく、年齢に応じて変動する基準「年齢+90」が採用されていたのです。

 

現在のヒカル先生の血圧は至適血圧の120/80に収まっていますが、いずれは120/80を超えて、やがては140/90も超えるかも知れません。

これは年齢を重ねるといつかはやってくる宿命的なものなのです。

 

なお、私達の寿命は年々伸びていますから、ある程度の年齢になると「年齢+90」では支障が起こります。

100歳の方ならば190になってしまい、収縮期血圧190はさすがに高すぎますからね。

 

では、一体どのくらいの血圧が上限値となるのでしょうか。

 

「高血圧は薬で下げるな!」など多数の著書を手掛ける医師、浜 六郎先生によれば、「各種の疫学調査から、上は180、下は110までは大丈夫」との見解を示しています。

でもこれはあくまでも血管が耐えられる限界値ですから、これより低い血圧の方が好ましいことは間違いありませんよ。

 

まとめ

血圧についてまとめ

いかがでしたか。

 

今回ヒカル先生は高血圧治療ガイドライン2019からの変更点や過去の血圧基準を紹介してみました。

健康のバロメーターと呼ばれる身近な健康測定の血圧ですが、意外な話もあったことでしょう。

 

それでは今回ヒカル先生が皆さんに伝えたかったことをまとめます。

 

1. 高血圧は様々な病気の引き金に

2. 治療開始の目安となる降圧目標が引き下げ

3. 早期の高血圧ならば生活習慣の見直しで改善可能

4. 血圧を下げる薬の服用は最終手段

 

高血圧治療ガイドライン2019にて降圧目標が下げられましたので、これからは高血圧基準の140/90に迫った段階で治療を勧められます。

お医者様によっては、早々に降圧薬を処方する方もいらっしゃるでしょう。

 

でも、早期の高血圧ならば食事の改善や運動療法で十分に改善が見込めます。

ヒカル先生は塩分を控え、食べ過ぎないように、ウォーキングやサイクリングなど無理なく長く続けられる運動をお勧めします。

 

運動療法や食事の改善だけでは難しいならば、ヒカル先生がお勧めする電気磁気治療器を使う方法だってあります。

電気磁気治療器が発する交流磁気には血行促進という効果があり、血管を広げ血液を流れやすくします。

ポンプの心臓も軽めの圧力で全身に血液を送ることができますので、自然と血圧が下がってくるはずですよ。

 

老化現象によって血圧が上がることは必然であっても、努力次第で老化を抑えて血管年齢を下げることは可能です。

実際の年齢よりも血管年齢を若く保つためには、若いうちから改善に取り組むほど効果的ですからね。

 

また、血圧を下げる薬には副作用があり、無理に血圧を下げれば圧力不足によって血行不良に陥る危険もあります。

 

ご存知の通り、高血圧と同様に血行不良も様々な病気を引き起こす要因です。

血圧を下げる薬が返って病気を招き入れることもあるのです。

収縮期が180を超えるような超高血圧状態ならば別ですが、血圧を下げる薬の服用は最終手段として改善に取り組みましょう。

無料プレゼントはこちら!