【生理不順】その症状、放っておいても大丈夫?

無料プレゼント

生理不順の原因と症状とは

生理不順の原因と症状

「生理不順」と言っても月経期間、周期などその症状は人によって個人差があり、バラつきがあるもの。

しかし、生理不順の多くはホルモンバランスの乱れによるものです。

 

では、なぜホルモン分泌に異常が起こり、それが生理不順につながるのでしょうか。

 

過長月経と過多月経

過長月経は子宮筋腫などが原因となっている器質性のものと、ホルモンバランスの乱れによる機能性のものがあります。

 

また、過多月経はもともと体質的に月経量が多い人もいます。

目安としてはナプキンが1時間持たない人は過多月経を疑った方がいいと言われています。

過多月経の原因として多いのが子宮筋腫や子宮内膜症です。

 

過短月経と過少月経

過短月経の場合、過少月経を併発している事が多いです。

若年による子宮の未発達や加齢によるもの、卵巣機能の低下によるホルモンバランスの乱れや過度なダイエット、婦人疾患との関係が深い場合があります。

 

どこからが「生理不順」?

生理不順と判断されるライン

月経の正常な周期は25〜38日間のサイクルと言われています。

この周期が39日以上間があくものを「稀発月経、逆に24日以下と短いスパンで月経が来ることを「頻発月経と言います。

 

また通常の月経期間は3〜7日間です。

8日以上ダラダラと続く月経を「過長月経や、出血量が多くレバー状の塊が続けて出たり、めまいなどの貧血の症状、また生理痛が重いものを「過多月経といいます。

逆に月経期間が2日程度で終わってしまうことを「過短月経といい、経血量が極端に少ないことを「過少月経」といいます。

 

それぞれの生理不順の原因は

生理不順の原因

稀発月経

卵巣の働きが不充分でホルモンが正常に分泌さず乱れる事が原因です。

月経は卵胞ホルモンであるエストロゲンと黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌により排卵や月経がおこります。

このホルモン分泌が乱れることで排卵が遅くなり、月経周期が長くなると考えられています。

 

また卵巣の疾患や無排卵、甲状腺の疾患が原因の事もあるので注意が必要です。

 

頻発月経

稀発月経と同じく、ホルモンバランスの乱れによるものです。

また、頻発月経が起こる多くの場合は無排卵であると考えられています。

ホルモンバランスの乱れにより卵巣から卵子が排出されず、放置すると不妊になる可能性もあるため、経過に注意が必要です。

 

また、頻発月経が続く場合は子宮筋腫や子宮内膜にポリープがある可能性もあります。

また月経ではなく、不正出血の場合もあります。その場合は子宮がんなどの病気が潜んでいる場合もあり、早急な対応が必要です。

 

無月経

生理や授乳期などにおこる無月経を〈生理的無月経〉に対して、生理的な理由もないのに生理が止まってしまう状態を続発性無月経といいます。

なんらかの要因で、脳の視床下部、脳下垂体、卵巣の連動がうまくいってない状態です。

 

 

ホルモンバランスが乱れる原因

ホルモンバランスが乱れることで起こる生理不順

それぞれの月経不順の大きな要因にホルモンバランスの崩れがあります。

ホルモンバランスを整える働きは脳の視床下部にあり、自律神経の中枢でもあるのでストレスや疲労の影響を受けるとホルモン分泌も乱れて月経不順を招きます。

 

ですのでストレスや疲労と生理不順は密接な関係があり、過度なストレスや生活環境の変化で月経周期になることも多くみられます。

 

冷えからくるホルモンバランスの乱れ

冷えや低体温による血行不良で、ホルモンが運べなくなる事によりホルモンバランスが崩れ月経不順をおこしている場合もあります。

 

冷えの原因は生活習慣によるものが大きく、冷たい物や甘い物の食べすぎや運動不足、またストレスも冷えを招きます。

いずれも血行不良を招き、結果冷えや低体温につながります。

 

ダイエットによる乱れ

「無理なダイエットをしたら生理がこなくなった」という話を聞いたことはあるかと思います。

そこまで痩せていなくても急激な体重変化があると、身体が飢餓状態と認識するので女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減少し月経が止まります。

 

月経周期は視床下部から分泌される性腺刺激ホルモン、下垂体から分泌される卵巣刺激ホルモンと黄体化ホルモン、また卵巣から分泌される卵胞ホルモンと黄体ホルモンによって成り立っています。

そして互いのホルモン分泌に関与し月経周期に合わせて、それぞれのホルモンがバランス良く分泌されています。

すなわちどれかひとつでも上手く分泌されなくなると、バランスが崩れて月経不順になります。

 

ほんの少しのことでも月経不順を招くので、普段の生活習慣を見直しやストレス解消を心がけて、心身ともに健やかに生活することが大切になっています。

 

自分でできる生理不順の解消法

生理不順の解消法

先に述べたように、月経不順の大きな原因はストレスによるものです。

不規則な生活やストレス、体の冷えはホルモンバランスを乱れさせ正常な月経が来なくなるおそれがあります。

まずはストレスと上手くつき合うことが大切です。

 

月経不順の原因は身体的疲労や精神的ストレスの心のトラブルも影響も受けています

疲労に疲労を重ねるとストレスもそれだけかかり回復が遅くなるので、まずは疲労回復のために体を休めることが先決です。

そのため、良質な睡眠がとれるような環境作りが大切になってきます。

眠る前にリラックスできる時間を入れてみたり、自分なりの良い入眠方法を取り入れられると良いですね。

 

またストレスは溜まっているものを一気に発散するより、日々のストレスを溜め込まないようにその都度発散することが大切です。

趣味に没頭する時間があれば何よりですが、少しの時間、人と会話をするだけでも解消につながります。

または人によっては1人の時間をきちんと作ることも大切なのではないでしょうか。

 

何かとストレスフルな現代ですが、その分ストレス解消法もたくさんあるかと思います。

日々のストレスをこまめに解消できるよう、何か気晴らしになるような事をしたり気持ちを発散できるよう生活習慣や環境を変えることも大切です。

 

また、こまめな運動はストレス解消や冷えの改善にもなります。

時間がなくても通勤に階段を使ったり歩く事を心がけたり、寝る前にストレッチやマッサージをするのも効果的です。

日常生活に取り入れられることから始めてみてもいいのではないでしょうか。

 

冷えによる血行不良を改善する方法は様々ありますが、基本となるのは食生活す。

身体を温める料理や食材を意識的に摂ることも大切ですが、バランス良く食べることが何よりです。

栄養素のなかでたんぱく質は筋肉を作る材料となります。

筋肉は熱を作るもととなるので、運動を心がけつつタンパク質を摂ることを心がけたいですね。

 

産婦人科で処方される低用量ピル

生理不順と低用量ピル

月経不順や婦人科系の病気で処方される低用量ピルですが、月経不順の緩和などに用いられ実際服用している方も多いのではないでしょうか。

しかしその効果と反面、副作用のリスクが大きいのも事実です。

 

またピルは服用をすることで症状は緩和されますが、もとの病気や原因が根治しているわけではありません。

ピルが悪いというわけではなく、ピルに頼らず、服用しつつも原因を絶つ為に生活の見直しや体質改善も心がけることが大切です。

 

きちんと月経がこないと不安になることもありますが、まずは日頃できる生活環境の見直しから始めてみてはいかがでしょうか。

それでも月経不順が治らない場合は婦人科などの専門医に受診・相談することが大切です。

 

心と体の健康を維持する為に、妊娠を望む時の為に、なにより月経不順をそのまま放置せずに早めの治療、予防することが重要です。

無料プレゼントはこちら!