【緑内障】眼圧低下には血行改善を

交流磁気治療器のレンタルなら磁気.comへ!></div></p>
<div align= 無料プレゼント

40代の目は老眼?緑内障?

ヒカル先生の唯一のとりえは健康です。

 

いきなり何を言うかと思われたでしょうが、ヒカル先生はそろそろ「中年」という言葉が心に刺さってくる年代の40代です。

(すでに中年だ!という言葉は無視しますからね。)

 

ヒカル先生はこのサイトで健康コラムを書いていることもあり、健康には人一倍気を付けています。

ですが、やっぱり同年代の人達は若い時と同じような無理ができなくなってきたようで、あちらこちらで身体の悲鳴が聞こえます。

 

このような悲鳴の声で最も多い症状といえば、テレビコマーシャルでもよく聞くことが多いフレーズの「目・肩・腰」です。

 

そう、40代の皆さんの悩みと言えば、肩こり、腰痛とならんで目の衰えがとても多いのです。

 

ヒカル先生もパソコンの画面とにらめっこするデスクワークが多いのですが、パソコンのモニターから発するブルーライトは目へのダメージが大きく、さすがのヒカル先生も目がショボショボすることが多くなってきました。

 

それで今回のコラムのテーマですが、40代の方は特に知ってほしい「緑内障」についてお送りすることにしました。

でも、なぜ「40代は特に」かと言うと、厚生労働省の調査によると患者は40代の割合が高く、20人に1人が緑内障を発症しているのです。

 

皆さんもご存知のとおり、緑内障は大切な目が失明してしまう病気です。

もちろん、緑内障になってしまってもすぐに失明するわけではありません。

しかし、徐々に視野が欠けていき、やっと重い腰を上げて病院で診断を受けたころには緑内障がかなり進行していた、ということもあります。

 

そして、一度失った視野を回復させることは、まず不可能ともいわれています。

 

視覚は五感のひとつでありとても大切な機能です。

しかしながら、目の異常って意外と放っておきがちではないでしょうか。

 

そうです。

40代ですと「目が見にくいなぁ」と思っても、まず疑うのは老眼です。

 

最近はパソコンだけではなくスマホやタブレットで、四六時中モニターの画面をみつめることが多く、老眼になる年代が早くなっています。

 

それで、老眼鏡を用意したり、眼鏡を作り直したりするだけで済ましてしまう人が多く、緑内障の症状を見落としてしまう可能性が高いのです。

 

ですので、今回ヒカル先生のコラムをクリックしたのはラッキーですよ。

ぜひこの機会に緑内障を学んで、目の予防に努めましょうね。

 

緑内障の症状と原因

緑内障の症状と原因

一般的に緑内障の自覚症状と言えば、目の奥の方が痛い頭痛がする、といったものであり、単なる眼精疲労と思いがちです。

しかし、緑内障の症状には「視野が欠ける」という困った症状がありますので、さすがに視野が欠けてくれば「なんかおかしい」と思いますよね。

 

でも、これがまた人間の脳の凄いところと言いますか、たとえ視野が欠けていたとしても片眼の視野60%も欠けないと視野が欠けていることに気が付かないのです。

 

・・・「えっ!? 60%?」

という皆さんの心の声が聞こえてきましたよ。

ビックリですよね。片眼の60%と言ったら相当な部分ですもの。

 

ではこの理由を説明しますが、私達には左右2つの眼があり、それぞれの眼が互いの視野の死角をカバーしています。

さらに脳が死角を補完してくれて、本当は見えていない視野でも映像として感知しているのです。

 

ですので、左右の眼、脳が視野を補完しきれないほどに視野が欠けてしまったときに、「これはおかしい」と病院に行き、緑内障がかなり進行していたというケースになってしまうのです。

 

 

緑内障の診断では、「房水」の圧力である「眼圧」をチェックします。

房水とは目の中を循環する液体であり、血液の代わりに栄養や酸素を運んでいます。

 

この「房水」の圧力の事を「眼圧」と呼ぶのですが、何らかの影響により眼圧があがってしまうと目の痛み、頭痛、吐き気などを感じ、やがて視神経にも障害がおこり緑内障が進行していくのです。

 

緑内障の診断には眼圧測定以外にも眼底検査、視野検査、隅角検査など多くの種類の検査にて診断されます。

<眼圧測定>

測定する機械にはいくつかのタイプがありますが、目に機械を直接当てたり、目に圧縮空気を当てて押し返す力を測定眼圧の高い、低いを判定します。

緑内障の管理のためにとても重要な検査になります。

 

<眼底検査>

眼に光をあてて、目の奥(眼底)の状態を調べる検査です。

「視神経乳頭」と呼ばれる網膜の神経線維が集まった部分の変化をみるのですが、視神経に障害があると、乳頭にあるくぼみである「視神経乳頭陥凹(かんおう)」の形が変形します。

 

<視野検査>

眼が見えている範囲を調べる検査です。

特殊な機械の前で、小さな光が見えているかどうかをチェックするのですが、30分位かかる検査であり、緑内障の検査では最も重要な検査です。

 

<隅角検査>

隅角とは房水が眼内から出て行くところですが、隅角鏡という特殊なコンタクトレンズを眼に押し当てて、隅角の広さなどをチェックします。

 

眼の構造

 

緑内障の治療

緑内障の治療方法

残念ながら緑内障は治療すれば完治するという病気ではなく、これ以上視野が欠けないように進行を抑える治療になります。

緑内障はいちど発症したら完治させることはできないのです。

 

治療の基本は「通常の眼圧へ戻すこと」なのですが、手術療法やレーザー療法の前に点眼薬を使うことが一般的です。

 

まずは1種類の点眼薬から治療を始めて、眼圧が予定通り下がった場合はそのまま点眼薬を続投します。

ですが、緑内障の治療は糖尿病や高血圧の治療と同じように、生涯にわたって付き合っていく病気です。

つまり、眼圧値が下がったら治療は終わりではなく、定期的に検査をしながら緑内障の進行を管理しなくてはなりません。

 

なお、点眼薬を使っても緑内障が進行した場合や点眼薬で眼圧が下がらない場合は、内服薬の追加、手術療法やレーザー療法を選択することになります。

 

緑内障と血行改善

緑内障と血行の関係

NHKで毎週水曜日の夜7時30分から放送されている「ガッテン!」という健康番組があります。

2017年4月12日は、「緑内障!こんなタイプは要注意だ」が放送されました。

 

この番組では、「眼底の血流が悪い人は緑内障になりやすい」として、40歳以上で低血圧、高血圧、糖尿病の方は要注意との内容でした。

ですので、ヒカル先生と同じ位の年齢の方は、一度、眼科にて検査することをおススメします。

 

でも、血流が悪いと緑内障になりやすいということは、裏を返せば血行改善で予防ができる、ということですよね。

 

実は、最近の眼科学会の研究ではあることが騒がれています。

それは「眼への血行循環を良くすれば、栄養素や酸素が視神経に行き渡り、神経細胞が回復できる。」というものです。

 

 

また、広島大学医学部眼科教授の木内良明先生は2010年に「運動によって眼圧が下がる」という研究発表をされています。

他にも日本眼科学会認定専門医であり、栃木県下野市で「回生眼科」を営む山口康三先生も同様の意見をお持ちです。

運動といっても激しいスポーツをするわけではありません。

有酸素運動のウォーキングを行って全身の血行を良くすることが目的です。

 

ですが、緑内障に効果をもたらすためにはそれなりの歩数が必要であり、山口先生によると、ゆっくりでよいので1日1万3千歩が推奨されています。

 

まとめ

緑内障と血行のまとめ

なんと!

たとえ緑内障でも血行改善で回復するとはビックリ仰天の大ニュースではありませんか!

・・・ごめんなさい。ヒカル先生、ちょっと興奮してしまいました。

 

皆さんもご存知の通り、ヒカル先生は「健康の原点は血行にあり」という信念のもと、皆さんには血行改善で健康になってほしいという願いがあります。

でも、山口先生がおっしゃるウォーキングのような軽めの運動でも、1万3千歩は1歩70mとして、約9キロもの距離です。

 

これではいくら緑内障の効果があるといっても、運動習慣がない人や足腰に不安がある人にとっては簡単なことではありません。

 

でも、ヒカル先生がおススメする電気磁気治療器を使った血行改善ならば、運動ができない人、時間がない人でも、1万3千歩に匹敵する血行促進が見込めます。

もちろん運動を取り入れている人が電気磁気治療器を使っても問題ありませんよ。

 

ぜひとも、緑内障の予防、治療の一環として磁気治療もお試しください。

 

無料プレゼントはこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です