繰り返す腸閉塞。注意する点は?

交流磁気治療器のレンタルなら磁気.comへ!></div></p>
<div align= 無料プレゼント

腸閉塞とは

腸閉塞とは

腸閉塞(イレウス)は、小腸や大腸の内側が何らかの原因でふさがり、食べ物やガスなどが通らなくなった状態を言います。

大きく
機械的イレウス
機能的イレウス

に分類されます。

 

機械的イレウスは、腸が狭くなったり何らかの原因でつまってしまう事で起こります。

一方、機能的イレウスは、腸を支配している神経の障害で腸の動きがわるくなり、腸の中にある内容がそこにとどまってしまうものです。

開腹手術の際、腸を切除したりすると腸同士や腸と腹壁がくっつく(癒着)が起こり、この癒着した部分を中心に腸がねじれたり、曲がったりして、ほかの腸が圧迫されて腸がつまることがあります。

 

腸がつまると、腸の中の消化した食べ物やガスがたまって動かなくなり、おながの張り、腹痛、吐き気や嘔吐などの症状が起こります。

繰り返し腸閉塞を起こす場合は手術の影響で、腸の一部が狭くなっていて、それが原因でつまりやすくなっていることも考えられます。

 

例えば、大腸がんの手術後、原則的に食事の制限はありません。しかし、腸閉塞を繰り返すようであれば、食事に関してもいくつか注意しや方が良いでしょう。

 

食事に注意していても腸閉塞を完全に防ぐことはできませんが、できるだけ起こしにくくすることには役立ちます。

 

繰り返す腸閉塞。注意する点は?

 
・繊維質を豊富に含む、きのこ、海草、こんにゃくなどあまり食べすぎないように
食物繊維は、大きく水溶性食物繊維と不溶性食物繊維にわかれます。

不溶性の食物繊維は繊維自体が水にとけず、水を多く吸収してふくらんでなかなかでてこなかったりしますから、控えるようにしましょう。

不溶性食物繊維を多く含む食品は、ほかに豆類(豆腐はOK)、ごぼうなどの野菜などがあります。

体によいとされているものでも、同じ種類のものを大量に食べるのはよくありません。

適切な量を守り、バランスの良い食生活を心がけてください。

 

・消化の悪いものを控える
消化の悪いもの、脂っこい食事は腸に負担をかけます。出来るだけ控え、食べ過ぎない事が懸命です。

 

・よく噛む
食物をよく噛んで食べるのは消化の手助けになります。早食いも腸の負担になります。時間的に余裕を持った食事を心がける事が大切です。

 

また、おなかが痛くなったり、腸がぐるぐる動く感じがしたり、げっぷが多いなど、“おなかの調子がいつもと違う”、“おなかが何となく変だな”と感じたら、食事を抜いたり食事の量を減らしてみましょう。

症状が続いたり、吐き気やおう吐を伴う腹痛があるときは、病院を受診しましょう。

 

体を温めると良い

腸閉塞・体を温める

 
繰り返し腸閉塞を起こす方の中で、症状が重くない場合には「大建中湯(だいけんちゅうとう)」という漢方薬が勧められることがあります。

大建中湯には、腹痛や腹部の冷えや張りを和らげ、体を温めて胃腸の調子を整える働きがあります。

 

体を温める事で、胃・腸の消化機能&蠕動運動機能が活発になります。血行も良くなるので、全身の細胞が栄養素を効率良く吸収出来ますし、老廃物を排出する働き【新陳代謝】も上がり、免疫力もアップするので、良い事ずくめです。

また逆を言うと体を冷やすと胃・腸の消化機能&蠕動運動機能が衰えます。
胃・腸内に消化不良物がいつまでも溜まると腸が詰まる原因になります。腸が動かなくなる、麻痺性の腸閉塞は腸への血行が悪くなり冷えて発症する、とも言われています。

 

腸閉塞に限らず冷えは体に様々な悪影響を及ぼします。腸を温めて血行改善を促す事が病気予防のひとつになります。

 

ストレスにも注意! 腸と自律神経の関係

腸閉塞とストレス

 
胃・腸の働きは自律神経によってコントロールされています。

自律神経は交感神経と副交感神経の2つに大別され、この2つがバランスよく働くことで、自律神経の調和が保たれます。

この調和が乱れると、自律神経の支配下にある腸の動きも乱れます。すると、便秘などの腸トラブルも起きやすくなるのです。

 

自律神経はストレスの影響を大きく受けます。

ですのでストレスがかかると自律神経が乱れ、自律神経にコントールされている腸の働きはその影響をダイレクトに受けるます。

すなわち腸は、ストレスに敏感な臓器といえるでしょう。

 

とくに腸は副交感神経が優位になると働きが活発になるので、副交感神経を高めるような習慣をとりいれることは非常に重要です。ストレスを感じたら休む事が大切です。時間的な余裕はストレスを遠ざける基本的な方法と言えるでしょう。

 

副交感神経の働きを高める

腸閉塞には副交感神経のはたら

 
腸内環境を良好に保つためにも大切なのが、自律神経を整えること。

現代人が低くなりがちな副交感神経を高め、バランスを整えるコツを覚えておきましょう。

 

時間的にゆとりある行動をする
自律神経のバランスは、ちょっとしたことで乱れるものです。例えば焦ったときは、交感神経の働きがグンと高くなります。

そんなときは意識してゆっくり動いたり、ゆっくり話したりしましょう。気持ちが落ち着き、副交感神経の働きが高まります。

 

深い呼吸をする
深くゆっくり深呼吸をすると、心が落ち着き、ドキドキも収まりますね。副交感神経の働きが高まり、血圧も安定します。

 

ジョギングよりもウォーキング
あまり積極的に活動せず、座って安静にしている時間が長いと腸閉塞が起こりやすくなります。

運動不足は腸にも悪影響をもたらします。無理して激しい運動をする必要はありませんが、できるだけ歩くようにするなど、適度な運動が勧められます。

ジョギングは呼吸が速く、浅くなるため、副交感神経の働きを下げてしまいます。中高年の人には、深い呼吸を保ちながらできるウォーキングがおすすめです。また運動は血行改善にもなり、冷えの予防に繋がります。

 

睡眠を十分にとる
睡眠不足は自律神経のバランスを著しく狂わせます。どんな人でも徹夜をすると、翌朝は副交感神経がほとんど上がりません。

個人差がありますが、6~7時間程度の睡眠が必要でしょう。

 

まとめ

腸閉塞についてまとめ

いかがでしたか?
腸は人間の免疫の7割を担っていると言われているとても大事な器官です。

食生活や血行改善、またストレスの緩和(自律神経の働きを整える)は、腸閉塞をはじめとする腸の病気の予防だけではなく、がん予防や体の免疫力の上昇、血液の汚れの予防繋がるなど、たくさんの効果を得ることができます。

腸閉塞の予防として、普段から腸の調子を整える事を心がけましょう。

 

無料プレゼントはこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です