免疫力の低下で発症する敗血症…治療法と日常で行える予防とは?

敗血症の治療法と予防法とは

交流磁気治療器のレンタルなら磁気.comへ!></div></p>
<div align= 無料プレゼント

感染症をきっかけに、全身の臓器が急激に障害を受けてしまう「敗血症」

 

敗血症は「高齢者の疾患」ともいわれています。

敗血症患者の約60%、敗血症が原因で死亡する人の80%65歳以上という統計もあります。

 

高齢者に多く重症化しやすいのは、敗血症が免疫力低下と密接な関係があるからです。

早期発見、早期治療がとても重要で死亡率を減らす一番の手段になります。

 

敗血症の症状や原因についてはコチラの記事で紹介されています。

>>敗血症…身近にある感染症から起こりうる怖い病気、原因と症状

 

この記事では、敗血症の主な治療方法と日常で行える予防について紹介します。
 

敗血症とは時間との戦い

敗血症の概要

敗血症は早期発見、早期治療がとても重要で死亡率を減らす一番の手段になります。

 

しかし敗血症の原因は完全には解明されておらず、特定の治療法がありません。

症状に合った抗菌薬治療を行うことがスタンダードです。

 

患者さんの症状を最大限に緩和するためには、早期診断が非常に重要になります。

 

抗菌薬治療が遅れると敗血症が急速に進行し、重症化して敗血症ショックを起こしてしまいます。

血圧低下を伴う敗血症ショックでは、抗菌薬投与の開始が1時間遅れるごとに死亡リスクは7.6%上昇すると言われ、重篤な病態であると言われます。

 

症状が重くなればなるほど致死率は高くなってしまうのです。

病院で敗血症と診断、懸念されてから6時間以内の速やかな治療を開始する事が必要です。

敗血症は初期の段階では識別が困難なうえ、予断を許さない状態の為、救命・集中治療の専門医がいる医療機関、救命救急センターや集中治療室での治療になります。

 

敗血症の主な治療方法

敗血症の治療方法

敗血症の治療の基本は、抗生物質の点滴になります。

経口もありますが、点滴の方が効果、反応が高いため通常は点滴が行われます。

 

敗血症の原因となる感染症により病原菌の種類が違うため、原因と推定される細菌に対しての効果がある抗生物質を選択して投与します

 

細菌には「抗菌薬」敗血症の原因

ウイルスには「抗ウイルス薬」

真菌には「抗真菌薬」

寄生虫には「抗寄生虫薬」

 

抗生物質を投与する前には血液や尿を培養検査しますが、検査結果が出るのが3~5日程度の時間がかかります。

しかし、敗血症の治療は時間との戦いです。

最初は様々な細菌に広く効果がある抗生物質から使用を始め、検査結果が出て原因菌が特定出来たらより効果がある抗生物質に変更し投与する方法が一般的です。

 

敗血症により全身で起こる炎症を抑える目的で「ステロイド」という薬が使用されることもあります。

ステロイドは意外と身近な薬で、皮膚炎などで処方される軟膏はステロイド軟膏が多いです。

敗血症により全身で起きている炎症を抑えるのに効果的なのです。

 

また、敗血症性ショックに至った場合、副腎の機能も低下します。

それにより、「コルチゾール」という免疫抑制作用をもつ副腎皮質ホルモンの分泌が行われない事が多く相対的副腎不全が起こっています

この副腎皮質ホルモンはステロイドの一種のため人工的にステロイドを投与する事でホルモンを増加し、ショック状態から離脱する事ができます。

 

ただ、ステロイドにも副作用があり、免疫力を低下させてしまいます

 

そのため、ステロイドを使用する事で逆に感染症を悪化させてしまうという意見もあり、長年医療現場でも議論されてきました。

現在では、重症敗血症や敗血症性ショックで生命の危険がある場合、適切な処置としてステロイドの使用が主流となっています。

 

敗血症という致死率が高い病気のため、副作用を考える余裕はないとの考えでしょう。

命を取り留める事が最優先なのです。

 

敗血症の予防

敗血症の予防方法

敗血症になる前には感染症があります。

免疫力が高ければ感染症に感染する可能性は格段に下がります。

 

日頃から自己免疫力を上げることこそが最大の予防なのです。

 

免疫力の向上は他の病気にも罹りにくくなるため、一石二鳥ですね。

 

<敗血症予防の為に免疫力を上げる方法>

・体温を上げる

現代人の平均体温は36℃前半で、中には35℃代の人もいます。

体温が1度下がると免疫力が3割下がる

体温が1度上がると免疫力が5倍~6倍になる。

とも言われています。

 

低体温症の人は普段の食事や運動で体温を上げるよう意識するのが効果的です。免疫力と運動

軽い運動で筋肉量を増やすことで、基礎体温を上げることができます。

暖かい飲み物やショウガなど体温上昇効果のある食べ物を意識することも良いですね。

 

・自律神経を整える

自律神経の乱れは、免疫力のバランスを崩すことになるので免疫低下に直結します。

 

自律神経の乱れで血行が悪くなってしまい、血中の免疫機能が上手く機能しなくなることもあります。

自律神経を整えるために、ストレスの解消、質の良い睡眠、疲れの解消を日常で心がけることが大切です。

 

・磁気治療という方法も

このサイトで紹介している交流磁気治療器には、血行を促進し筋肉のコリをほぐす効果があります。

血行が促進されるということは、全身へ血中の白血球など免疫機能や栄養がまわり免疫力の向上が図れます。

 

また、血行促進で体温も上昇するため免疫力の底上げへとつなげることが可能です。

1日30分磁気を体に当てるだけの治療のため、お忙しい人にオススメかもしれません。

 

さいごに

敗血症予防のまとめ

ここまで記事を読んで下さり、ありがとうございます。

 

敗血症は、とても致死率の高い病気です。

そのため、発症してからではなく発症する前の予防が重要なポイントとなります。

予防とは、免疫力を上げる取り組みです。

 

日常の中でも意識すれば免疫力を上げることは十分に可能です。

是非心がけ、生活に取り入れてみて下さい。

 

血流を整え、免疫力を上げる方法として磁気治療もひとつの手段だと知って頂けると幸いです。

詳細はコチラ↓のページをご覧下さい。

無料プレゼントはこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です