世界3大激痛のひとつ 尿路結石の痛みとは

交流磁気治療器のレンタルなら磁気.comへ!></div></p>
<div align= 無料プレゼント

世界三大激痛

世界三大激痛の種類

旅行の場所が決まっていなくて、どこがいいかな~?とネットで検索するときがあるでしょう?

そんなときに、「世界三大〇〇のひとつ!」なんて場所をみつけると、すごく興味が沸いてきませんか。

ほんとヒカル先生はこのフレーズに弱いです。

 

でも、この「世界三大〇〇」というフレーズは観光業界だけではなく、色々な業界でも使わるところをみると、やっぱりキャッチコピーとしても優秀なんでしょうね。

 

こんな世界三大〇〇ですが、身近な病気の痛みを比較する人もいて、「世界三大激痛」と紹介される病気があります。

皆さん、世界3大激痛・・・一体どんな病気だと思いますか。

ヒントは尿です。

 

いかがですか? 答えにいきますよ・・・

では、一つ目の答えは「尿路結石」です。

 

尿路結石になったことがある人はもちろん、尿路結石で苦しむ人を見たことがある人なら、ヒントがなくともすぐに想像はついたことでしょう。

尿路結石の痛みは、「痛みの王様」とか「七転八倒する痛み」とも言われ、救急車を呼んだり、失神したとしてもおかしくないほどの激痛です。

 

この尿路結石には起こりやすい季節がありまして、それはもうすぐ訪れる「夏」です。

そこで夏本番がやってくる今!

ヒカル先生は世界3大激痛のひとつである尿路結石を取り上げて、その痛みを知ってもらうことで病気予防を推進します。

 

それでは、皆さんお待ちかねのコラムをスタートしましょう!

 

あっ、忘れるところでした。

世界3大激痛の残り二つは、「群発頭痛(ぐんぱつずつう)」と「心筋梗塞」です。

この2つも尿路結石に負けず劣らずの猛者ですので、別の機会でお送りしますからね。

尿路結石とは

尿路結石の原因とメカニズム

尿路結石というと、中年期である40~50代の男性が発症する病気というイメージがありますが、男性・女性に限らず発症する病気です。

特に女性は、閉経して女性ホルモンの分泌量が減少すると発症しやすくなります。

 

ところがここ近年、尿路結石の患者数が急増しており、ここ40年で約3倍になったそうです。

しかも、まだまだ中年期と呼ぶには早い年代の方に増えているらしいです。

 

この理由として考えられるのは「食の欧米化」です。

つまり、お肉などの動物性たんぱく質を過剰に摂取している人ほど、尿路結石になる可能性が高いため注意が必要です。

 

では、なぜお肉を食べると結石ができるのか、この仕組みから解説しましょう。

 

結石とは、身体のある成分が結晶化して石のように固くなったものです。

代表的な結石は「シュウ酸」と「カルシウム」が結合した「シュウ酸カルシウム」です。

 

お肉を食べると身体の中にシュウ酸が出来るのですが、適量であれば腸の中でカルシウムと結合して便と一緒に自然に排出されます。

しかし、あまりにも多くお肉を食べていると腸だけでは排出できず、腎臓、尿管、膀胱、尿道というおしっこの通り道(尿路)でシュウ酸とカルシウムが結合してしまいます。

そして、皆さんもよくご存知のコンペイトウのようなギザギザの結石ができてしまうのです。

結石のできる場所

尿路結石は結石ができた場所によって名称が変わり、腎臓結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石と呼ばれます。

 

尿路結石の痛み

尿路結石の痛みについて

さぁここで、皆さんお待ちかねの質問タイムの時間です。

 

尿路結石の痛みは場所・状態によって全然違うのですが、最も痛い状態は次の4つのどれでしょう?

 

1. 腎臓の中で結石が作られる

2. 腎臓の結石が下りてきて尿管を通る

3. 膀胱に結石が作られる(尿管から落ちる)

4. 結石が尿道を通り尿と一緒に排出される

 

いかがですか?

どれも痛そうではありますが、この中のひとつが世界3大激痛と呼ばれる痛みです。

・・・皆さんの答えは出ましたか?

では、答えは

2. 腎臓の結石が下りてきて尿管を通る です!

 

それでは、ひとつひとつ解説をしていきましょう。

 

<1. 腎臓の中で結石が作られる>

腎臓の中に結石ができたとしても、実はほとんど痛みは感じません。

 

ちょっと重苦しいかな~という感じはあるかも知れませんが、結石が出来ていることに気付かない人も多いのです。

ですが、このまま放っておくと結石がドンドン大きくなって、腎臓の機能が低下してしまうこともありますので、早めの処置をしたいものです。

 

痛みレベル 1

 

<2. 腎臓の結石が下りてきて尿管を通る>

腎臓からおりてきた結石が尿管に詰まると、尿は膀胱にたどり着けず腎臓に逆流してしまいます。

そうすると背中や腰に強烈な痛みが発するのですが、実はこれは本番の痛みではありません。

 

痛みは尿管で詰まっているときよりも、尿管を通っているときが地獄の痛みと言われています。

この理由は腎臓の内圧が異常に高まる説、尿管がけいれんして神経を刺激する説などがあります。

 

痛みレベル 10(MAX)

 

<3. 膀胱に結石が作られる(尿管から落ちる)>

膀胱は尿を貯める場所ですから、結石が尿管から膀胱にまでたどり着けばまずは一安心です。

それまでの地獄の痛みからは一旦解放されます。

 

もちろん、尿が溜まる膀胱に結石があるわけですから、違和感は当然あります。残尿感や頻尿という症状も現れます。

 

痛みレベル 0

 

<4. 結石が尿道を通り尿と一緒に排出される>

この痛みは人によって感じ方が変わりますが、尿管を結石が通ってきたときの痛みに比べれば軽い痛みです。

ですが、結石が大きければ大きいほど痛みは強くなり、おしっこも出づらくなります。

逆に結石が小さい人は、拍子抜けするくらい簡単に排出されることもあります。

 

痛みレベル 1~5

 

尿路結石の予防

尿路結石の予防方法

いや~、ヒカル先生は尿路結石になったことがないのですが、こうしてコラムを書いているだけでも痛みを想像して冷や汗が出てきます。

皆さんも尿路結石の怖さ、痛さがひしひしと伝わってきているのではないでしょうか。

 

でも、こんな痛い尿路結石になるくらいなら、日頃から予防に努めておいた方がよいかなと感じていることでしょう。

では、そんな気持ちになってきたところで、次は尿路結石の予防です。

 

冒頭に尿路結石は夏に発症しやすいと触れましたが、夏は汗をたくさんかきやすいからです。

汗で体内の水分が出ていくと、尿酸が濃くなって結石が出来やすくなります。

そのため汗をかいたときほど、水をたくさん飲むことが重要です。

 

とくに夏は汗で消費する分も考えて、1日に最低1.5~2リットルくらいのお水を飲むようにしましょう。

 

 

次に食事の見直しです。

お肉は美味しいですが、日本人の消化器官はお肉よりも和食の方に適合しています。

肉食動物はお肉を早く排出するために短い腸に進化しました。

 

人間の腸はどうかと言うと、古くから肉食文化のある白人は短く、穀物文化の日本人は腸は長いのが特徴です。

このように腸の長さからみても、人種によって適した食べ物ってあるんです。

 

また、尿路結石は痛風とも密接な関係ですので、尿酸値が高くなる食べ物はそこそこにした方が良いです。

どんな食べ物が尿酸値を高くするかというと、プリン体を多く含む食べ物である、動物の内臓や肝類です。

野菜や海藻類はプリン体が少なく尿をアルカリ化する効果がありますので、積極的に食べるようにしましょう。

 

でも、ある野菜には結石の成分となるシュウ酸が多く含まれています。

その代表格としては、ほうれん草です。

ほうれん草の他にも、バナナ、キャベツ、ブロッコリー、レタスもシュウ酸が多い野菜です。

 

ですが、これらの野菜は料理法を一工夫するだけでシュウ酸を抑えられます。

それは茹でてお浸しにすること。

茹でることでシュウ酸は水に溶けだしますので、半分ほどに減らせます。

 

ほうれん草はシュウ酸が多くて危険という声もありますが、ほうれん草は茹でて食べる野菜ですし、大量に食べ過ぎなければそんなに気にすることはないでしょう。

 

まとめ

尿路結石の原因や予防方法

いかがでしたか。

今回は世界3大激痛のひとつである尿路結石、とくにその痛みに焦点を当ててお送りしました。

 

ちなみに、自慢することではありませんがヒカル先生は痛みに弱いです。

とても尿路結石の激痛に耐える自信はありません。

 

でも、誰でも痛いことは嫌ですよね。

ですから尿路結石の痛みに苦しむことのないように、日頃からこまめにお水を摂って、バランスの良い食生活を取り入れ、適度な運動をしておいた方が絶対にお得です。

 

最後に、尿路結石の予防として飲むお水ですが、ヒカル先生はいつも磁気処理水(磁気活性水)を飲んでいます。

>>お水を飲む健康法を試すならコレを知っておきましょう

 

本来、磁気処理水をご家庭で導入される場合は、大掛かりな設備や工事が必要になります。

ですが、ヒカル先生は電気磁気治療器を使って簡単に磁気処理水を作っているのです。

磁気処理水は、水の分子である集合体(クラスター)が細かくなり、体内への浸透力が増すと言われています。

 

また、キッチンのステンレス部分に白い沈着物が付着していますが、この正体は水道水に含まれたカルシウムです。

しかし、磁気処理水は集合体(クラスター)が小さくなるためか、カルシウムの沈着を抑えられます。

 

結石はシュウ酸とカルシウムが結合してシュウ酸カルシウムという結石ができるのですから、磁気処理水はもってこいだと思います。

こちらはただいまヒカル先生の身体で実験中ですが、いまのところ尿路結石の気配はまったくありません!

無料プレゼントはこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です